広陵・中村奨成選手を鹿取GMが絶賛、1位候補明言

広陵高, 中村奨成

巨人の鹿取GMは、広陵の中村奨成選手について、「比べられる選手のいないオンリーワンの捕手」と話し、ドラフト1位候補に入っていることを明らかにした。

春の段階から1位候補

鹿取GMは広陵の中村捕手について、「春の段階から1位候補。三拍子そろったとんでもない捕手。比べられる選手のいないオンリーワンの選手。大学、社会人を入れてもあんな捕手はいない」と話し、今年のNO.1捕手という評価をした。そして、春の時点でドラフト1位候補に入っていた事を明らかにした。

巨人は6月と8月の甲子園大会前に行われたスカウト会議で、早稲田実の清宮幸太郎を最高評価とし、履正社・安田尚憲選手、横浜・増田珠選手、明徳義塾・西浦颯大選手をドラフト上位候補として名前が挙げられていた。

巨人がスカウト会議、清宮選手をドラフト1位指名へ
巨人スカウト会議、清宮選手を最高評価、増田珠選手、安田尚憲選手、西浦 颯大選手も高評価

この日の記事では、1位候補のAランクに約10人をリストアップしており、清宮を軸に1位指名を絞り込む方針は変わらないとし、1位指名の最有力候補は清宮選手であることは変わらない。

読売ジャイアンツのドラフト会議 

巨人の鹿取GMは、ドラフト1位候補に広陵・中村も含まれていることを明言した。中日戦(ナゴヤD)前に「春の段階から1位候補。三拍子そろったとんでもない捕手。比べられる選手のいないオンリーワンの選手。大学、社会人を入れてもあんな捕手はいない」と絶賛。巨人は最上位に早実・清宮を置きつつ、1位候補のAランクに約10人をリストアップ。清宮を軸に1位指名を絞り込む方針は不変とみられるが、ブレイク前から中村を1位候補に挙げていたという。


PAGE TOP