巨人スカウト会議、清宮選手を最高評価、増田珠選手、安田尚憲選手、西浦 颯大選手も高評価

清宮幸太郎, 増田珠, 西浦颯大, 安田尚憲

巨人はこの日、球団事務所でスカウト会議を行い、早稲田実の清宮幸太郎を最高評価とした。また履正社・安田尚憲選手、横浜・増田珠選手、明徳義塾・西浦颯大選手を高く評価していることを明かした。

清宮選手の決断を待つ

スカウト会議後に岡崎スカウト部長は、「彼の打撃の技術なり、スイングスピードを見ていて、トップクラスであるのは間違いない。タイミングの取り方であったり、柔軟性だったり、トップからインパクトまでの速さであったり。一番大事なものがあるように思います。」と話し、打者として一流の素質を持っていると評価した。

西東京大会決勝で敗れ、甲子園に出場できなかったものの「清宮に限らず、何か大きなケガをしたとかがない限り評価は変わらない」と話し、大学進学やプロ志望など進路の決断がまだわからない状況について、「我々がどうすることもできない。10月12日だったかな、プロ志望届の締め切りは。そこまでになるのかならないのか分からないけど。その時になったら分かる。」と話し、それを待って1位指名を決めるのかと問われると、「そうですね」と話した。

またこの日は、静岡の草薙球場で高橋監督が清宮選手について話し、「左方向に大きいのが打てる。やっぱり飛距離は出る。力があるだけ、体が大きいだけじゃ距離は出ない。飛ばすコツを持っている」と評価をした。

安田選手、増田選手、西浦選手の名前も

また岡崎スカウト部長はこの日のスカウト会議について、これまでの会議で絞り込んでいた指名候補約160人について変更はないとし、その中で神奈川大会で4試合連続ホームランを放った横浜高校の増田珠選手について「外野手としてはトップクラスの評価をもともとしている。最初から西浦とか増田というのは上位候補」と話し、明徳義塾・西浦颯大選手と共に高校生外野手のトップクラスと評価をしていたと話した。

その上で、「清宮、安田、増田の3人は1位でもおかしくない力はある」と話し、履正社・安田尚憲選手、清宮選手、増田選手の3人を高校生の1位候補とした。

1位指名は?

現在の巨人の状況を考えると、投手、捕手、内野手、外野手共に選手層を厚くしたい所だが、特に4番を打つ選手については、若い選手で岡本和真選手などがいるものの、名前が挙がってくる選手が少ない。左のスラッガーでポスト阿部として4番ファースト清宮というのは、補強ポイントにも合致している。

昨年は田中正義投手、佐々木千隼投手と1位指名競合にチャレンジし、2度の抽選を外してしまったが、今年も競合となっても指名に行くのか、単独1位指名などを狙ってくるのか、岡崎スカウト部長のドラフトに対する姿勢も注目される。

また候補では明徳義塾の西浦選手を高く評価していることが分かった。ドラフト3位4位当たりで指名してくることが予想される。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
2017年度-特Aランクのドラフト候補リスト

「彼の打撃の技術なり、スイングスピードを見ていて、トップクラスであることは違いない。タイミングの取り方であったり、柔軟性だったり、トップからインパクトまでの速さであったり。一番大事なものがあるように思います」

 会議では高校生の進路に関する情報共有などに時間を割いた。清宮を含めて10人程度とする最上位のAランク評価は不変で「清宮に限らず、何か大きなケガをしたとかがない限り(評価は下がらない)」と口にした。

会議の中では、リストアップしている選手の最新の進路情報を共有した。清宮は進学濃厚とみられるが、30日の敗退時には態度を示さなかった。「プロ志望届の提出期限の10月12日までどうなるか分からない。我々がどうすることもできないので、彼の判断を待つ」と岡崎部長。最終的にプロ入りを表明した場合に備えて、最後の最後まで動向を注視していく方針だ。

力と技を兼ね備える打撃スタイルに、高橋由伸監督(42)も注目する。今春の東京都大会決勝、日大三戦で神宮球場の中堅左にライナーで運んだ一発を映像でチェックしたという。生で見たことはないとした上で「左方向に大きいのが打てる。やっぱり飛距離は出る。力があるだけ、身体が大きいだけでは飛ばない。タイミングだったり身体の使い方とか、飛ばすコツを持っている」と分析した。

4試合連続本塁打の神奈川大会新記録を樹立した横浜・増田もその一人だ。岡崎部長は「トップクラスの評価をしているし、やっぱり良い選手」と評価。さらに、甲子園出場は逃したが履正社・安田も上位候補としてリストアップしている。

甲子園に出なくても、“別格”の位置付けに変わりはなかった。岡崎スカウト部長は18歳の揺れる心情に配慮しながら「(進路は)我々がどうすることもできない。10月12日だったかな、プロ志望届の締め切りは。そこまでになるのかならないのか分からないけど。その時になったら分かる。待つ?そうですね」とうなずいた。


PAGE TOP