巨人、ドラフトは4、5人の指名!

菅野智之, 東海大

巨人は編成会議を開き、ドラフト1位で東海大・菅野智之投手の指名を確認、全体でも4~5人の指名になると報知新聞が報じている。また最近は育成ドラフトで多くの選手を指名しているが、今年は4人しかリストアップしてないとの事。

巨人は菅野投手に対して他球団が指名してくるかどうかに注目が集まるが、逆に2位、3位の指名の情報が少ない。昨年は1位から4位まで4人全て右投手でそろえたが、世代表を見ると左腕投手が少なく、捕手も高校生出身の若い選手は入るもののその上となると09年に獲得した市川捕手が26歳とポスト阿部として育成する選手が少ない感じもする。野手はスラッガータイプの選手が少ない。

そういう意味で2位以降は幅広く指名が行われると見られ、太成学院大高・今村信貴投手、帝京・松本剛選手、東大阪大柏原・石川慎吾選手、九州国際大付・高城俊人捕手のほか、即戦力捕手の指名もあるかもしれない。例えば1位でなければ日本生命入りと表明している同志社大・小林誠司捕手を2位で指名するなど、以前ならそういうこともやったかもしれない。

また、今年の育成ドラフトは例年多く指名する千葉ロッテもそれほど多くは指名しないようで、巨人も少ないとなると今年のドラフトは早く終わってしまいそうだ。

  •  - ” target=”_blank”>より。


  • PAGE TOP