1回戦終え、巨人・長谷川スカウト部長がドラフト候補選手を評価

及川雅貴, 奥川恭伸, 山瀬慎之助, 岩本大地, 森敬斗, 河野佳, 角田勇斗

センバツ高校野球大会は1回戦を終え、巨人の長谷川スカウト部長がドラフト候補選手の評価を行っている。筆頭はやはり星稜の奥川恭伸投手だった。

一人だけプロ

巨人の長谷川スカウト部長は、星稜の奥川恭伸投手について、「高校野球の大会に1人だけプロが交じっている感じ。28年間スカウトをやっているが、何本かの指に入る。今1軍に連れて行っても5つくらい勝てるのでは。引退したばかりのうちの脇谷スカウトも、すぐプロで投げられると言っていた。」と話し、即戦力と評価した。

そして、その理由について、「変化球の精度もあり、投球の組み立てもできている。イン、アウト、どっちにもキッチリ投げられる。スピードガンは今の方が出るが、ストライクゾーンに来る球の威力がある。高校生ではなかなかいない。角度もあって球がふけない。球質もいい。直球のスピンが効いていて変化球の曲がりが遅い。」と、ストレート、変化球ともに絶賛をした。そして、「投げ方はともかく智之も、そういう感じ。」と、自軍のエース・菅野智之投手と比較として挙げた。

この他の投手

この他の投手では、横浜の及川雅貴投手について、「ものはいい。ブルペンではすごい球を投げていた。」と話したものの、「明豊戦の1回の投球練習で、8球中3球すごいバウンドを投げていた。それで、おかしくなったのかな。」と、投球練習から制球に苦しみ、それが試合に影響したと話した。しかし、「スライダーのキレ、走る姿、躍動感、体のバネはある。あれだけで評価を下げるわけにはいかない。」と、大会前からドラフト1位クラスと評価しているものを、変えることはないと話した。

また、広陵の河野佳投手と石岡一の岩本大地投手について、「2人とも高校生としては、いろんな球を操れて直球にも力がある。」と評価した。

野手の評価

野手でNO.1は「野手なら森でしょう」と、桐蔭学園の森敬斗選手の名前を挙げた。「体は大きくないけど高校時代の井口や田中広輔よりポテンシャルは高い。足が使えるしスローイングもいい」と話し、井口資仁選手や広島の田中選手に例えた。

捕手では「キャッチャーは山瀬が断トツ。」と、星稜の山瀬慎之助選手を挙げた。「他の子は、試合ならバットが当たるんじゃないかというぐらい前で構えているけど、イニング間の二塁送球も試合の時と同じように後ろで構えてから投げている。それでも山瀬は二塁送球が1.8秒台を出していた。」と、イニング間のセカンドまでの送球の早さを評価した。また「奥川のリードも考えてやっていた。」とリード面も評価した。

また、ショートでは2年生の習志野・角田勇斗選手の名前を挙げ「ショートの動きがよかった。三遊間、二塁ベース上、両方の動きがいい。スローイングの動きも小さい。楽しみ。」と動きの良さやスローイングも評価した。

スポーツ紙が挙げるセンバツ注目選手
センバツ注目投手TOP5は?
センバツ注目遊撃手TOP5は?
センバツ注目捕手TOP5は?

◆星稜(石川)奥川恭伸投手(3年)…履正社(大阪)戦に先発し、3安打17奪三振完封勝利。最速151キロを記録。

今すぐ1軍で投げても、5つくらい勝つんじゃないか。引退したばかりの、うちの脇谷スカウトも「すぐプロで投げられる」と言っていた。変化球の精度もあり、投球の組み立てもできている。イン、アウト、どっちにもキッチリ投げられる。高校野球の大会に1人だけ、プロが交じっている感じ。28年間、スカウトをやっているが、何本かの指に入る。
スピードガンは今の方が出るが、ストライクゾーンに来る球の威力がある。高校生では、なかなかいない。角度もあって、球がふけない。球質もいい。直球のスピンが効いていて、変化球の曲がりが遅い。投げ方はともかく(巨人菅野)智之も、そういう感じ。

横浜・及川雅貴も、ものはいい。スライダーのキレ、体の躍動感、バネがある。今回だけで(評価を)下げることはない。投手では他に広陵・河野佳と石岡一・岩本大地が似たタイプ。いろんなボールを操って、ストレートにキレがあった。

野手では桐蔭学園・森を高評価。「ロッテ(現監督)の井口や田中広輔(広島)よりポテンシャルは高いのでは。足が使えるし、スローイングが非常に良い」と評価した。
また習志野の2年生遊撃手・角田の名前を挙げ「動きが良かった。送球も良かったし、楽しみな存在」と話した。

巨人・長谷川スカウト部長が「いま(プロの)1軍で投げたって5つぐらい勝つんじゃないか」と称賛。


PAGE TOP