大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、12球団OKも実は巨人ファン!

高校野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 国体の試合に臨む大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、25日にプロ志望届けを提出し、阪神、オリックスがドラフト1位を公表するなど動きを見せたが、プロ志望届け提出後に始めてインタビューを受けた。

 既に即戦力と評価されていることについては「ハードルが高くなっている。自分がそれに応えられるようにしなければいけない。現役と同じ練習をします。」と1年目から勝負することを話した。

 また、阪神、オリックスが1位指名を公表している事について、「光栄な事」と話した。希望球団については、「強いて言うならジャイアンツ・ファンです」と話しながらも、「12球団どこでもくじを引いて下さったところで頑張ります」と力強く話した。

 父親の晋氏の影響を受けて巨人ファンだったという藤浪晋太郎投手、既に菅野智之投手の1位指名を決めている巨人からの指名は無いが、全く気にしていない。

 今秋ドラフトの目玉、大阪桐蔭の153キロ右腕・藤浪晋太郎(3年)が30日、巨人ファンであることを初告白した。岐阜市内で練習し、9月25日のプロ志望届提出後、初めて取材に応じてG党をカミングアウト。その一方で「(12球団)どこでも断らない」と言い切った。

 

 運命のドラフト会議まで1か月を切った。25日の当日に向けて、高まる評価に藤浪は戸惑っていた。すでに阪神、オリックスが1位指名を公表。「ありがたいですが、即戦力と言われるのは荷が重い。持っている実力より評価が上がって、それに備えてしっかりしないといけない。ハードルが上がってきた」。率直な気持ちを吐露した。

 

 この日は、初めてG党であることを明かした。これまで特定球団を挙げることは避けていた春夏連覇右腕は「強いて言うならジャイアンツ・ファンです」と告白。巨人ファンの父・晋さん(49)の影響だが、1位指名の競合必至の状況では、巨人に指名される可能性は低い。その上で「どこに決まってもしっかり頑張りたい」とあらためて強調した。 全文はスポーツ報知のサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント