西武が隅田知一郎投手の1位指名を公表、編成会議でスカウト満場一致

2021年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース スカウト会議

埼玉西武は、西日本工業大の150キロ左腕・隅田知一郎投手をドラフト1位指名することを渡辺GMが公表した。

スポンサーリンク

満場一致

西武はこの日、渡辺GM、、飯田本部長、居郷球団社長、辻監督も参加し、編成会議を行った。その中で西日本工業大の隅田知一郎投手をドラフト1位指名することを決めた。

渡辺GMは、「今のうちの戦力を鑑みた中で、このピッチャーしかいないなというところ。リストに挙がった選手の中では1番の評価。これは満場一致の評価で、ポテンシャルの高さもありますし、ゲームをしっかり支配できる」と話し、隅田知一郎投手投手を評価した。

埼玉西武は右の先発で高橋、今井、松本の3投手が活躍するも、最近のドラフトで指名した左の浜屋投手や佐々木投手が実力を出せていない。渡辺氏も「左の先発ローテーションに入っているピッチャーがいないですし、彼の実力で普通に投げれば戦力になると思っての指名」と話す。

10月3日には隅田投手の今季最後の登板を視察し、「ランナー出したときでもしっかりそこを切り抜けるすべを持っている。ピッチングができる投手なので、そういうところの相応的な評価で彼に決めました」と決断の理由を話した。

12球団で今年初となるドラフト1位指名の公表、埼玉西武は2019年は佐々木朗希投手の1位指名を公表したが、昨年は行わなかった。公表した理由について渡辺氏は「その理由は言う必要はないと思っている」と話した。

隅田投手については、ドラフト1位候補として最上位ランクに持ってきている球団もあると見られ、この公表により引き下がるレベルの選手ではないと思うが、他球団の動向が注目される。

指名が重複する可能性は高いと見られる。渡辺氏は2009年に菊池雄星投手、2010年に大石達也投手と、2年連続で6球団の抽選で当たりくじを引いたが、2012年には東浜投手の3球団、2017年には田島投手の2球団の抽選を外している。抽選となった場合について渡辺氏は「もう使い果たしている。多分無い」と自らくじ引きをすることは否定した。

埼玉西武ライオンズのドラフト会議ページ
埼玉西武ライオンズ公式ページ 埼玉西武ライオンズ掲示板 埼玉西武ライオンズの過去のドラフト指名一覧 埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

西武が、12球団で最初に今年のドラフト1位指名選手を公表した。8日、編成会議(場所非公開)を開催。リモート取材に応じた渡辺久信GM(56)が、西日本工大の最速150キロ左腕・隅田知一郎投手(4年=波佐見)を1位指名することを明言した。「今のうちの戦力を鑑みた中で、このピッチャーしかいないなというところ。リストに挙がった選手の中では1番の評価。これは満場一致の評価で、ポテンシャルの高さもありますし、ゲームをしっかり支配できる」と評価を語った。

【西武】12球団最速で西日本工大・隅田の1位指名を公表 渡辺GM「リストに挙がった中では1番の評価」
 西武は8日、編成会議を行い、西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(4年)を1位指名すると公表した。同会議には渡辺GM、飯田本部長、居郷球団社長、辻監督、スカウト陣らが出席した。
西武12球団最速公表 ドラフト1位に大学No・1左腕の隅田 渡辺GM「リスト挙がった中で一番」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 西武が8日、11日のドラフト会議に向けた編成会議を行い、西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(22)を1位指名すると公表した。本命不在と言われる今秋ドラフトで、12球団初の1位指名選手公表となった。チームは今季、左投手による白星がわずか2勝。慢性的な左腕不足に陥っており、複数球団の競合が有力視される大学No・1左腕の...
西武 ドラフト抽選役は未定、“ゴッドハンド”渡辺GM「使い果たしている。多分ない」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 西武の渡辺GMは、ドラフト会議で競合した際の抽選役を未定とした。
西武・渡辺GM「西日本工大の隅田投手でいきます」12球団最速の1位公表
■11日ドラフト会議 西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM、56)が8日、編成会議後に取材に応じ、11日のドラフト会議で西日本工大の隅田知一郎(ちひろ)投手(…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント