ヤクルトが3日連続のスカウト会議、初日は約70人の選手を映像でチェック

東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース スカウト会議

東京ヤクルトは10月8日にスカウト会議を開き、今年のドラフト指名候補約70人の選手を映像で確認した。

スポンサーリンク

3日連続で

東京ヤクルトは8日から10日まで3日間連続でスカウト会議を開く。初日のこの日は約4時間をかけて、指名候補約70人をリストアップし映像で確認をした。橿渕スカウトグループデスクは「例年より少ないです。全体としては投手が多く、野手が少ないというのが今年の市場」と話した。

ドラフト上位候補には西日本工業大の隅田知一郎投手、市和歌山の小園健太投手、高知の森木大智投手などがリストアップされていると見られるが、ドラフト上位指名も含めて10日までに絞り込みを行い、1位指名の決定や誰が抽選を行うかなどは、衣笠球団社長や高津監督が出席する10日のスカウト会議で決める。

状況により10日にドラフト1位指名を公表する可能性もある。

2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
東京ヤクルトスワローズのドラフト指名予想
東京ヤクルトスワローズ公式ページ 東京ヤクルトスワローズ ドラフト掲示板 東京ヤクルトスワローズ、過去のドラフト指名 東京ヤクルトスワローズのドラフト関連最新記事 以前のニュ...

ヤクルトは都内の球団事務所でスカウト会議を開いた。

 8日から3日連続で行う予定で、初日は約4時間かけて約70人のリストを作成。橿渕聡スカウトグループデスクは「映像を見ながらクロスチェックで」とポジションごとに順位付けを行った。

 1位指名の公表や抽選の場合に誰がくじを引くかなどは、衣笠剛球団社長兼オーナー代行と高津監督が出席する10日に最終決定する方針だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント