栃木ゴールデンブレーブスの155キロ右腕・手塚俊二投手に注目

2021年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス・手塚俊二投手、昨年は2球団から調査書が届いたものの、指名されなかった。

スポンサーリンク

今夏に155キロ

手塚俊二投手は日本経済大を中退し、栃木ゴールデンブレーブスに進んだ。184cmでやや細身の右腕だが、昨年の指名漏れにより「指名された選手を見ると、153キロは出さないといけない」と今年はトレーニングに励み、夏に155キロを記録した。

リーグ戦も春は防御率6点台と不調だったが、その後、フォームの改善により150キロのストレートを安定して投げられるようになった。22歳で大学4年生と同じ世代となる右腕の指名が注目される。

2021年度-独立リーグ・海外投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
155キロ右腕手塚、朗報待つ 西日本スポーツ紙面 2021/10/8

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント