千葉ロッテ、ドラフト5位・福田光輝選手、小・中・高・大で主将経験

福田光輝

千葉ロッテがドラフト5位で福田光輝選手を指名した時、次期キャプテンとして指名されたんだというイメージがした。福田選手は小・中・高・大で主将となり、小・中で全国制覇、大阪桐蔭でも2年時に全国制覇をしている。

キャプテン

千葉ロッテはキャプテン・鈴木大地選手がFA権を取得し、行使するかどうかなどの動向が注目されている。

その中で行われたドラフト会議で千葉ロッテは、5位で法政大の福田光輝選手を指名した。福田選手は東淀川ボーイズで主将となり小学校、中学校で全国大会で優勝をした。高校は大阪桐蔭に進むと、2014年の時に2年生の夏に全国制覇をした。2015年には主将となりセンバツで準優勝、夏は甲子園に出られなかったものの、法政大では今年、主将を務めてこの秋はリーグ2位で優勝の可能性を残している。

この日、永野チーフスカウトなどから指名あいさつを受けた福田選手は、「周りから任されても大丈夫と言われるような選手になれれば」と話し、将来のキャプテンとして期待されている部分についても、敏感に捉えて言葉に含めた。チームメイトになる中村奨選手について、東京六大学時代から目標としており、「143試合を戦い抜ける体づくりについて聞いてみたい。プロでたくさん経験のある選手ですし、身になることは全部聞いていきたい」とまずは勉強をしていく。

福田選手は上背はそれほどないが、一本足でフルスイングをする打撃は迫力がある。永野チーフスカウトは、「グラブさばきもいいし、スローイングも安定している。攻守堅実。パワーもあって振りは強いし、レギュラーを取ったら10本打てる。打率2割6分で2ケタ本塁打打てますよ」と話し、今年17本塁打を放った中村奨選手とともに長打力もある内野手として期待をする。

今年の千葉ロッテは、1位で佐々木朗希投手をとれたことも素晴らしいが、2位の佐藤都志也選手など3位、4位も素晴らしい指名で、そしてこの福田選手の指名も見事だった。いつか、福田選手がキャプテンと呼ばれる日が来るかもしれない。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

小・中・高・大と全てのチームで主将を担ってきた。さらに、東淀川ボーイズでは小、中と全国大会優勝。大阪桐蔭高2年夏にも1学年上の香月(現ロッテ)とともに全国制覇を経験した華麗なる経歴を持つ。将来的にはロッテの主将候補となり得る逸材は「周りから『任されても大丈夫』と言われるような選手になれれば」と言葉に力を込めた。


PAGE TOP