ヤクルト、清宮幸太郎選手の1位指名有力、球団社長が競合覚悟

清宮幸太郎, 早稲田実

東京ヤクルトは、清宮幸太郎選手をドラフト1位の最有力候補としているが、この日、衣笠球団社長が改めて清宮選手を評価した。

神宮が似合う

東京ヤクルトの衣笠球団社長兼オーナー代行はこの日、「彼の実績はけた外れ。清宮くんには、神宮が似合うんじゃないか」と話して清宮幸太郎選手にラブコールを送った。そして、「もし、他に強い思いのある選手がいれば単独指名をしやすいかもしれないが、彼の実績は桁外れ。荒木のときはアイドル的だったが、野球通のファンも多い。動員力も素晴らしい」と話し、清宮選手の動員力に注目をした。

東京ヤクルトは4番・畠山選手の故障が多く、また右の主砲・山田選手がいる中で左のスラッガーの獲得を目指している。4番ファーストで、左のスラッガーの清宮選手を獲得できれば、外国人選手に頼ることのない主軸ができる。

地元東京の選手でもあり、早稲田実や早稲田大との縁も深く、他球団には渡したくない存在であることは間違いない。

東京ヤクルトは真中監督が退任することが決定しており、次の監督が誰になってどのような方針を掲げるかというのがあるが、1位指名についてはドラフト会議までぶれる事は無さそうだ。清宮選手がプロ志望をした場合には1位指名は確実といえる。

東京ヤクルトスワローズのドラフト会議

ヤクルト・衣笠球団社長が都内の球団事務所で取材に応じ「彼の実績はケタ外れ。神宮にも合うんだろうな」と清宮がプロ入りを決断した場合、ドラフト1位指名の最有力候補に挙げた。

ヤクルト・衣笠球団社長兼オーナー代行が11日、改めてその実力を評価した。「彼の実績はけた外れ。動員力もすばらしい。清宮くんには、神宮が似合うんじゃないか」。

「もし、他に強い思いのある選手がいれば単独指名をしやすいかもしれないが、彼の実績は桁外れ。荒木のときはアイドル的だったが(清宮は)野球通のファンも多い。動員力も素晴らしい」と早実の大先輩にあたる球団OB・荒木大輔氏を引き合いに賛辞を並べた。


PAGE TOP