東京ヤクルトがドラフト2位指名の明治大・丸山和郁選手に指名あいさつ、俊足と強肩のポスト青木

東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東京ヤクルトは、伊東編成部長、橿渕スカウトグループデスクが明治大を訪れ、ドラフト2位で指名した丸山和郁選手に指名あいさつをした。

スポンサーリンク

ポスト青木

この日は、高津監督からの「神宮で待ってます」と書かれたドラフト会議のIDパスを渡され、丸山和郁は「実感が湧いた。監督が書かれたものなので、めっちゃうれしいです」と感激していた。

丸山選手は50m5秒8の俊足で、特に鋭い送球で三塁を回るスピードなどが迫力を感じさせる。また、投げても144キロを記録したことがある強肩で、足・肩のそろった外野手として評価された。

打撃や守備面ではまだ粗さもあるが、当たりそこねでもヒットにすることができる足があり、とにかくまずは出塁できる打撃を磨きたい。

東京ヤクルトは塩見選手がブレークし、1番としてマジックが点灯するチームをけん引する。またベテランの青木選手も、昨年は打率.317を記録、今年は.266だが、打撃、守備で一流のプレーを見せる。

丸山選手に求められるのは、青木選手の後継。近くで青木選手のプレーを見て、どんどん盗み取ってもらいたい。ただし、青木選手なスマートなリードオフマンではなく、かつての飯田選手のような、ガツガツいく選手になりそうだと感じる。

いずれにしても1番丸山で1軍でプレーする日を、楽しみに待ちたい。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ヤクルトからドラフト2位指名された丸山和郁(かずや)外野手(22)=明大=が14日、東京・府中市の同大合宿所でヤクルト・伊東昭光編成部長(58)、橿渕聡スカウトグループデスク(47)のあいさつを受けた。走攻守三拍子そろった左打ちの外野手で、青木宣親外野手(39)の〝後継者〟として期待される存在。丸山は〝ポスト青木〟にとどまらず、1年目からの1軍での活躍へ意欲を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント