阪神・和田監督、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手に指名挨拶

藤浪晋太郎, 大阪桐蔭

 見事に藤浪晋太郎投手のドラフト1位指名を獲得した阪神・和田監督がさっそく藤浪晋太郎投手に指名挨拶を行い、背番号19を提示した。

 和田監督は「タイガースだけでなく、球界を代表する投手になってほしい」と話すと、藤浪投手も和田監督について「今までいろんな有名な方にお会いしたけど、オーラが違うなと」と感じたと話した。また和田監督から巨人ファンだったことを聞かれると、「打倒巨人で」と話した。

 阪神は、エース番号である18を越える選手になってもらいたいと背番号19を提示、これは昨日、巨人の原監督が菅野智之投手に渡したユニフォームに書かれていた背番号と同じで、伝統の巨人阪神戦で背番号19対決が行われるのも間近だろう。

  • 阪神のドラフトページ
  •  

     阪神・和田豊監督(50)、中村勝広GM(63)らが26日、大阪・大東市内の大阪桐蔭を訪れ、ドラフト1位指名した藤浪晋太郎投手(18)に指名あいさつを行った。球団は、巨人のドラフト1位・菅野に対抗、同じ「背番号19」を用意した。

     

     4球団競合の末に交渉権を獲得した金の卵に、とっておきのプレゼントが用意された。背番号19には、メッセージが込められていた。「昨日、菅野投手も19に決まったということだし、打倒・巨人という思いを込めての19番。エース番号の18番を超えてほしい」。和田監督の言葉に、宿敵への対抗心が表れていた。

     

     仮契約前の背番号発表は、阪神では異例の特別待遇だ。藤浪は「偉大な投手がつけられていた、いい番号を頂いた。小林さんのイメージが強いし、そう(Gキラー)言っていただけるように頑張りたい」と意欲的だった。江川とのトレードで1979年に巨人から阪神入りした小林繁さんは同年、G戦8連勝の球団記録を打ち立てていた。 全文はスポーツ報知の記事をご覧ください。

      目指すはエースではない、スーパーエースだ。阪神からドラフト1位指名された大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(18)が26日、同校で和田監督や中村勝広GMから指名あいさつを受け、背番号「19」を提示された。

     

     「一夜明けて、プロ野球選手になるんだな、という実感が湧いてきました」

     

     初対面した和田監督からは、「再び輝け、甲子園のマウンドで!」との直筆メッセージが書き込まれたドラフト会議で使用したIDカードが手渡された。さらに「タイガースだけでなく、球界を代表する投手になってほしい」とエールを送られ、同時に異例の早さで背番号19も提示された。 全文はスポーツ紙のサイトをご覧ください。


PAGE TOP