横浜商大・岩貞祐太投手が16奪三振、阪神スカウトが高く評価

横浜商大, 岩貞祐太

 神奈川大学リーグでは横浜商大vs鶴見大の対戦が行われ、ドラフト注目左腕の岩貞祐太投手が登板すると、7回1/3を投げて3安打3失点も16三振を奪う快投を見せた。

 この日の最速は自己最速となる147km/hを記録し、「テンポ良く投げる事が結果につながった」と自分の間合いで投球し、三振を奪っていった。この投球に視察した阪神・北村スカウトは「成長を見せている。完成度も高まりつつある」と話し、高い評価をしている。

 岩貞投手は182cmの大型左腕として注目され、大学でも1年生の時から登板し、2年生の時に大学日本代表に選ばれている。3失点している点が気になるが、亜大の九里亜蓮投手同様、開幕試合という事もあり力が入って、三振が多く失点もするピッチングとなったようだ。本来は三振数よりも無失点で抑えていく完成度の高い投手なので、次の試合でのピッチングに注目したい。

岩貞快投16K  - スポーツ報知紙面:2013/4/14

 


PAGE TOP