東海大甲府・高橋周平選手、「プロで日本一を」

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

 山梨大会準々決勝で敗れた、高橋周平選手。今大会にホームランを打つ事はできず、高校でのホームランは通算70号で終わった。

この試合には5球団7人のスカウトが訪れ、北海道日本ハム・大渕スカウトディレクターは「左腕の変化球にも対応できるし、高校生の野手NO1。日本を代表する遊撃手になってほしい。それだけのものを持ってます」とコメントすると、阪神・菊地東日本統括スカウトも「甲子園に出た、出ないは関係ない。スイングはプロの1軍のクリーンアップレベル」、阪神・佐野編成部次長も「高校生の野手では全国でもトップレベル」と高い評価をしている。

 高橋選手は試合終了後、「目標はプロ。皆に愛される選手になりたい。卒業までにもっと体を大きくしたい」とプロ志望とプロ入りまでの目標、そして、「高校ではなし遂げられなかった日本一になりたい」とプロ入り後の目標まで語り、このような先まで考えた姿勢がドラフト1位として評価される部分でもあるのだろう。

高橋周平選手には東京ヤクルト、埼玉西武が1位指名の可能性が高いと考えられる(指名予想)が、阪神も今大会はマークを続けており、複数球団が1位指名する可能性が高い。

  •  - 
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page
  • コメント