吉永健太朗は早大、横尾俊建は慶大、畔上翔は法大、原樹理、北方悠誠、釜田佳直は明言せず!

東洋大, 北方悠誠, 慶大, 釜田佳直, 金沢高, 吉永健太朗, 日大三, 畔上翔, 早大, 法大, 原樹理, 東洋大姫路, 横尾俊建, 唐津商

エース・吉永健太朗、エースというのは「日大三の」ではなく、「日本の」だ。吉永健太朗投手、2年生の時には140km中盤をマークし2011年ドラフト1位候補と言われた。春の選抜でもベスト4まで勝ち進んだものの準決勝の九州国際大戦で9失点、全体的に球速は140km前後だった。その後は登板機会も少なく夏の西東京大会でもリリーフで登板し失点するなど不安視もされていた。

しかし、夏の甲子園で後半にかけて好投を見せ優勝投手、そしてアジアAAA選手権でも防御率0.00、決勝で前回覇者韓国を1安打13奪三振の1失点完投で、もう疑う事はない。

この投球に巨人・織田スカウトは「テークバックがコンパクトになって、トップが安定した。腕の振りも横振りから縦になり、左右のコースへの制球が良くなった」と復活の理由を話した。当然プロも高い評価をしていたが、吉永健太朗投手は早稲田大学に進学する。「プロ志望届は出しません。進学して4年間しっかりやって即戦力でプロに行きたい」ときっぱりと言った。

同じく日大三のチームメイトでもあり日本代表のチームメイトだった、横尾俊建選手は慶大に進学し、畔上翔選手は法大へと進学する。舞台を東京六大学に移し、今度は敵として戦うことになる。早慶戦では早大エース吉永vs慶応4番横尾の対戦が見られるかもしれない。

その他にも東洋大進学予定の原樹理選手は明言を避けた、またプロ志望が予想される釜田佳直投手、北方悠誠投手も「なるべく早く決めたい」とまだ明言はしなかった。歳内宏明投手は「楽しかったし、いい経験になりました。みんなとは次の舞台でお互い成長した姿を見せたい。」とこのメンバーでのプロの舞台での再戦を希望していた。

  •  - 日本、3大会ぶりV!チーム3冠王・周平がMVP…アジアAAA選手権 - スポーツ報知:
  • 今秋のドラフト候補に挙げられている有力投手が、相次いでプロ志望表明を保留した。東洋大進学が有力視される東洋大姫路・原樹理。さらに、今夏の甲子園で大会最速タイとなる153キロをマークした唐津商・北方悠誠と金沢・釜田佳直も「なるべく早く決めたい」とそろって結論を先送りにした。また、横尾俊建、畔上翔、吉永の日大三トリオはそれぞれ慶大、法大、早大への進学希望を表明した。


    PAGE TOP