阪神・矢野監督「ドラマが起こる」、明大・森下暢仁投手の1位指名の可能性も

明治大, 森下暢仁

阪神は前日のスカウト会議を終え、畑山統括スカウトは「今日は1位候補選手を監督に報告した」と話し、当日の今日まで矢野監督が考えて1位指名を決めるとしていた。

サプライズも

矢野監督は、他球団の動向なども考慮しながら決めるとしており、この日は候補のリストをみたが、「まだ決まってない。いっぱいいる。ドラフトっていろんなドラマが起こる。楽しみ。今年も何かあるんじゃない。俺らが何かをしたい」と話し、ドラフト1位指名選手でサプライズを起こす可能性も示した。

球団内では星稜の奥川恭伸投手や大船渡の佐々木朗希投手の評価が非常に高く、矢野監督も佐々木投手について「末恐ろしい伸びしろ」と話した。しかし、明治大の森下暢仁投手についても「当然リストには入っている。即戦力なら断然森下でしょうね」と、即戦力ならNO.1と評価しているという。また他の関係者は森下投手について、奥川・佐々木と同じ評価であることを明かした。

阪神はメッセンジャー選手が引退し、藤浪選手が伸び悩む中でエースをFAで移籍した西選手が務めている。若きエース候補の獲得として、佐々木・奥川・森下投手の名前が挙がるが、矢野監督は亡くなった星野仙一氏から多くの指導を受けており、その星野氏の出身である明治大の森下投手の指名も考えられる。

ドラフト直前のスカウト会議で、一晩熟考した矢野監督の決断が明かされ、17時から始まるドラフト会議でそれが発表される。

阪神タイガースのドラフト指名予想

「まだ決まってない。(1位候補も)いっぱいいる。ドラフトっていろんなドラマが起こる。楽しみ。今年も何かあるんじゃない。俺らが何かをしたい」

 サプライズの可能性を予告した。その言葉に当てはまる逸材が明大・森下だ。当初は今夏の甲子園準V右腕・星稜の奥川が大本命と目されていた。将来性では最速163キロを誇る大船渡・佐々木が断トツ。「末恐ろしい伸びしろ」。超高校級の両右腕が1位候補の最有力候補だったが、会議前日になって様相が一転。大学No・1投手も1位候補に急浮上したことが判明した。

 「当然(森下も1位の)リストには入っている。即戦力なら断然森下でしょうね」


PAGE TOP