花巻東高校、大谷翔平選手の映像をCMで使い、学生憲章に抵触も

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 その様な中、花巻東高校が高校のCMに大谷翔平選手の映像を使い、これが日本学生野球憲章に抵触する可能性があることが分かった。

 CMは昨年、今年の2年間、テレビで放送されており、15秒のCMで数コマほど、花巻東のユニフォームを着た大谷選手が投げている姿が入っているという。学生憲章では第26条(新聞・通信、テレビ・ラジオ、出版などに関与する基本原則)の第3項に「報道目的以外の取材に対し、学生野球に関与している事実を示して、新聞・通信、テレビ・ラジオ、出版などに関与する場合には、全日本大学野球連盟または日本高等学校野球連盟の承認を得なければならない。」とある。花巻東高校は高校野球連盟に承認を得ていなかった。

 これについて大谷選手は「取材はいろいろとあって。どれがどこで放送されているのか分からない。」と話し、特にCMの撮影として撮られたものではないらしく、投げている場面の映像を利用されたようだ。また花巻東の流石野球部長も「こちらの認識不足」と話し、「高野連の指示に従いたいと思います」と話した。

 高校野球連盟は映像を調査するとしており、今後、学校側や指導者に処分が下される可能性がある。

 

 花巻東高によると、CMは昨年11月、地元の民放テレビ局で放映され、その中の1コマで大谷が花巻東のユニホーム姿で投球フォームを見せているという。学生野球憲章第26条は、高校の野球部員らが日本高野連の承認を得ず、報道目的以外のメディアに出演することを禁じている。高野連関係者によると、大谷に対する処分はなく、「取り寄せている映像を見てからですが、指導者に対する処分になるのでは」との見解を示した。

大谷母校CM出演…学生野球憲章抵触か - デイリースポーツ:2013/1/18

 CMは昨年11月、地元の民放テレビ局で放映され、その中の1コマで大谷が花巻東のユニホーム姿で投球フォームを見せているという。学生野球憲章第26条は、高校の野球部員らが日本高野連の承認を得ず、報道目的以外のメディアに出演することを禁じている。花巻東野球部の流石裕之部長は「こちらの認識不足。県高野連にしっかり確認していなかった。日本高野連の指示に従いたい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント