ここまでのドラフト戦線、誰もがドラフト1位を望める状態~高校編~

東海大甲府, 鈴木翔太, 吉川雄大, 智弁和歌山, 中辻神司, 三田松聖, 平田奨, 大産大付, 松井裕樹, 桐光学園, 聖隷クリストファー, 渡辺諒

 高校野球はセンバツ大会が終わって春季大会が各地で始まっています。大学野球は春季リーグが続々と開幕をし、そして社会人野球はスポニチ東京大会から各大会、リーグ戦が開催されています。しかしここまで、ドラフト1位確実といえる選手が非常に少なく、今年のドラフト戦線は大混戦模様となっています。

 選抜大会では3年生で注目の野手が出場しました。仙台育英・上林誠知選手、聖光学院・園部聡選手、高知高・和田恋選手、花咲徳栄・若月健矢選手などがそれぞれ素質を見せたものの、例年のドラフトならば中位くらいという印象でした。ドラフト1位確実の大阪桐蔭・森友哉捕手はケガで1試合しか出場できずに、投手でも報徳学園の乾陽平投手、済々黌・大竹耕太郎投手もセンスを見せたものの、2年生の済美・安楽智大投手に見事に話題をさらわれてしまいまいした。

 こうなると、センバツに出場しなかった選手に期待が膨らんできます。桐光学園・松井裕樹投手は練習試合などで順調な仕上がりを見せているようで、かなり注目されるでしょう。大産大付・平田奨投手や聖隷クリストファー・鈴木翔太投手などにも注目が集まりますが、練習試合や春季大会では評価を上げる投球ができていなかったようで、期待と不安が半々という所、宮崎日大の甲斐翼投手もケガの為、登板を回避しています。

 智弁和歌山の吉川雄大投手や三田松聖・中辻神司投手といった左腕投手や、守備ではプロ級の評価を受ける、東海大甲府・渡辺諒選手、関東一の中村祐太投手などに期待したいところです。


PAGE TOP