ここまでのドラフト戦線、誰もがドラフト1位を望める状態~大学・社会人編~

東海大, JX-ENEOS, 大城基志, 慶大, 明大, 九里亜蓮, 亜大, 法大, 横浜商大, 九共大, 大瀬良大地, 岩貞祐太, 吉田一将, JR東日本, 岡大海, 猿川拓朗, 秋吉亮, パナソニック, 萩原大起, 相原和友, 七十七銀行, 渡辺圭, 愛学大, 中嶋啓喜, 河合完治, 船本一樹, 白村明宏, 木下拓也

 大学はリーグ戦が開幕してまもないためまだ評価はできないが、東浜巨投手、小川泰弘投手、福谷浩司投手など昨年までエースとして君臨していた選手が抜け、各チームともエース争いを繰り広げている感じがする。

 亜大・九里亜蓮投手は初登板では力みが目立ったものの、3戦目では持ち味を見せてくれた。慶大・白村明宏投手はチームからエースとして信頼されるようなピッチングではなかった。東海大は渡辺圭投手、猿川拓朗投手がそれぞれ好投しエースの座を争う。法大も三嶋一輝投手の後のエースを船本一樹投手が狙うべく、まずは東大戦で好投した。

 まだチーム内で競争をしている状態で、エースとしての地位を確立しておらず、エースの自覚を持った貫禄のある投球を見せるのは難しいか。春はこのような状態が続き、秋にようやくエースとしてのピッチングができるようになるのではないかと思う。一方、昨年までに既にエースとしての地位を確立している九州では大瀬良大地投手、愛学大・萩原大起投手、横浜商大・岩貞祐太投手は春からどんどんアピールできるだろう。期待したい!

 野手では昨年のドラフトで法大・多木裕史選手など注目された選手が春のリーグに不調となり社会人に進んだこともある。春は貴重なシーズンといえる。法大の河合完治選手、木下拓也捕手やこれから登場する明大・岡大海選手、中嶋啓喜選手など、素質の高い選手が多い。埼玉西武にドラフト3位で入って現在大活躍を見せている金子侑司選手のような活躍ができる素質を持っている。しかし、ドラフト1位確実といえるような選手はいない。

 社会人は各大会などで試合が行われている。JR東日本・吉田一将投手はスタミナが課題であるが、まだ克服ができていない感じもある。秋吉亮投手、相原和友投手はまだ調子に波があるようだ。

 社会人投手は近年、攝津正投手、牧田和久投手、吉見一起投手、内海哲也投手、能見篤史投手、杉内俊哉投手、金子千尋投手など、チームのエース格として活躍が目立つ。昨年、横浜DeNAのドラフト3位で入団した井納翔一投手も3試合投げて勝ち星は付いていないが好投を見せている。

 高校、大学で目立った選手が少ないこういう年は社会人選手に注目が集まってくる。長年の経験を活かしたJX-ENEOS・大城基志投手などは勝負どころだろう。これから都市対抗の対戦が始まる。社会人にとって今年は大きなチャンスだ。


PAGE TOP