延岡学園・岩重章仁選手がプロ志望表明、福岡ソフトバンクなど複数球団注目

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 夏の甲子園で準優勝となった延岡学園の4番・岩重章仁選手がプロ志望を表明した。

 決勝戦が行われた22日の試合終了後に「プロに行きたい」と話しプロ志望届けを提出する事を明らかにした。岩重選手は1年生で入学直後に九州大会で2本塁打を放って注目されると、この夏も宮崎大会で1試合2本塁打など3本塁打、打率.526を記録し、甲子園でも21打数6安打4打点を記録した。

 プロ複数球団が早くから注目をしており、特に地元九州の福岡ソフトバンクが注目している。ドラフト下位での指名が予想されるが、岩重選手は18Uワールドカップの代表メンバーに選ばれており、木製バットで活躍する事ができれば、評価は上がっていくと思う。プロ入りを確実にするため、岩重選手についても大切な大会となりそうだ。

延岡学園4番・岩重、プロ明言  - 西日本スポーツ:2013/8/25

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント