盛岡大付・松本裕樹投手が2回5失点、盛岡三、花巻東など勝ち上がる

高校野球ドラフトニュース 高校野球大会 2014年ドラフトニュース

 高校野球東北大会は準々決勝4試合が行われた。盛岡大付のドラフト1位候補・松本裕樹投手はこの日はライトで先発し、8回からマウンドに登ったものの9回に5本のヒットを浴びて5失点、打っても5打数ノーヒットと厳しい結果となった。花巻東、盛岡三、八戸学院光星、大曲工がベスト4に勝ち上がった。

試練の1日

 盛岡大付はこの日、松本裕樹選手を4番ライトで先発させた。関口監督は「投げさせたくなかった」というが、先発から3番手までの投手が7失点、味方も6点を奪った8回から松本投手をマウンドに送った。

 しかし松本投手は8回は無失点に抑えたが9回は5本の長短打を集められて5失点し結局6-12で敗れてしまう。打撃で投球で厳しい一日となってしまった松本投手は「打者としても投手としてももっとレベルを上げたい」と夏に目を向けていた。

 最後の夏になる。この日敗れた盛岡三を始め、花巻東など強豪がひしめく岩手県大会を勝ち上がり、甲子園で150km/hを記録したい。

 

ベスト4が出そろう

 花巻東が10-0の5回コールドで鶴岡東を下してベスト4に進出、その他、盛岡三、八戸学院光星、大曲工が勝利した。プロが注目した日大東北の大和田啓亮投手、そして盛岡大付・松本裕樹投手が共に大量失点する姿を見せるなど、スカウトとしてはやや不安な面も残す形となった。

 その中で、八戸学院光星と花巻東は選手の質が高く、層が厚い。チーム力が非常に高い。

 

 東北楽天などプロ注目の右腕松本を擁する盛岡大付が準々決勝で姿を消した。
 夏の県大会を見据え「投げさせたくなかった」(関口監督)と、この日松本は4番右翼で先発出場。だが、3投手が踏ん張れず、八回からマウンドに上がった。九回、高めに浮いた球をはじき返され、5長短打を浴びるなどして5点を失った。
 打者としても5打数無安打に終わった背番号1は「打者としても投手としてももっとレベルを上げたい」と声を絞り出した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント