根尾昴, 野村大樹, 小園海斗, 藤原恭大, 樺嶋竜太郎, 山田健太, 山下航汰

No Image
今年のセンバツ大会では、2年生世代の活躍も光った。2年生の世代は2000年度に生まれたミレニアム世代で、しかも来年は夏の高校野球100周年ということで注目されている。

No Image
2017年のセンバツ大会に出場した高校生のドラフト番付です。大会が終わり、投手と野手の番付をしました。

履正社高, 安田尚憲

No Image
昨秋の明治神宮大会チャンピオンとしてこの大会も優勝候補の筆頭だった履正社は準優勝に終わった。安田尚憲選手はこの日、3打数1安打だった。

大阪桐蔭, 徳山壮磨, 藤原恭大

No Image
大阪勢同士の対戦となったセンバツ高校野球大会は、大阪桐蔭が優勝した。春2度目、西谷監督は春夏通算5度目の優勝で、決勝では無敗。

No Image
センバツ高校野球はいよいよ決勝戦となります。大阪桐蔭と履正社が、全国の舞台でどっちが大阪NO.1かを決める事になりました。

No Image
今日のセンバツ決勝後に、9月1日からカナダで行われるU18W杯に出場するメンバーの1次候補が発表されると思われます。その予想をしてみたいと思います。あくまで予想です。

大阪桐蔭, 秀岳館, 徳山壮磨, 川端健斗

No Image
センバツ大会準決勝、大阪桐蔭vs秀岳館の試合は投手戦となり、徳山壮磨投手が完投して大阪桐蔭が2-1で勝利した。阪神スカウトも注目している。

履正社高, 安田尚憲

履正社・安田尚憲選手に待望の一発が飛び出し、チームも6-4で勝利し決勝に勝ち進んだ。完璧な当たりのホームランに、千葉ロッテ、阪神の球団関係者が高い評価をした。

No Image
センバツ高校野球はベスト4が出そろいました。近畿勢が3チームと九州が1チーム、特に大阪の2チームが勝ち上がりました。準決勝の組み合わせと注目選手をまとめます。

秀岳館, 福岡大大濠, 三浦銀二, 川端健斗

No Image
秀岳館は川端健斗投手が健大高崎の機動破壊を無視して完投し、3大会連続ベスト4入りした。福岡大大濠は、延長15回と引き分け再試合を投げ切った三浦銀二投手は登板せず、報徳学園に敗れた。

スポンサーリンク
PAGE TOP