東海大相模は140km/hカルテット、高校野球神奈川大会注目選手

高校野球ドラフトニュース 高校野球大会 2014年ドラフトニュース

 夏の高校野球神奈川大会は組み合わせ抽選会が行われムードが高まってきた。軸となるのは春季大会で優勝をした横浜高校や関東大会準優勝まで勝ち上がった向上高校、さらに140km/h台の投手4人が揃う東海大相模、スラッガーと投手を揃える慶応義塾高校などの名前が挙がる。

140km/h投手4人の東海大相模とドラフト1位2人の横浜高校

 東海大相模には3年生で145km/hを投げる青島凌也投手、191cmから148km/hを投げる佐藤雄偉知投手、2年生で149km/hを投げる吉田凌投手、サウスポーで144km/hを投げる小笠原慎之介投手と、他チームなら間違いなくエースの4人の140km/h台投手がいる。

 4人は背番号1を争うライバルではあるが非常に仲が良く、それぞれが持ち味を持っているとお互いを評価試合成長している。春季大会では準決勝で向上高校に敗れ、出場した関東大会でも初戦で東海大浦安に2-7と敗退してしまったが、佐藤雄偉知投手の成長のために経験をさせていたような雰囲気もあり、夏は今のところ最も力があるとみられる2年生の吉田凌投手を軸に勝ち上がっていくと思う。

 また、横浜高校は春季神奈川大会で優勝し実力を見せたものの、4番の高濱祐仁選手は今年に入ってからホームラン数もあまり伸びていないようだ。さらにエースの伊藤将司投手も大量失点する場面があり、関東大会では霞ヶ浦のコールド負けを喫した。

 小倉部長の退任も決まり、渡辺監督も一から作り直すと話したチーム、夏はどんなチームになっているのか楽しみだ。プロ注目の浅間大基選手、高濱祐仁選手にとっても最後の夏となる。

 

その他の注目選手

 春は関東大会で準優勝した向上高校、高橋裕也投手、日名子広大投手の2枚看板を交互に先発させて勝ち上がった。県大会でも東海大相模に5-4で勝利、横浜高校には敗れたものの3-5と粘りのある戦いも見られチームの雰囲気が良さそうだ。

 慶応義塾は名幸大成選手が高校通算21本塁打を記録しており、素質の高い選手が揃っている。しかし春は横浜高校に0-10でコールド負け、関東大会でも聖望学園に0-3で完封で敗れ不安も残している。

 また桐蔭学園には中学時代に注目された190cmの右腕・須永悦司投手がいる。春は横浜高校戦で2失点で完投している。最後の夏に高い素質を花開かせてほしい選手。桐光学園も松井裕樹投手とともに戦った選手たちがいる。プロも素質の高い選手が多いと評価するチームで一気に開花するかもしれない。

 横浜創学館の海老塚耕作投手も183cmから143km/hを投げプロ注目、また公立では厚木高校に小林豊武投手という186cmから142km/hを投げる投手もいる。190校が参加する日本一の激戦区からはやはり目が離せない。

 

東海大相模140キロカルテットでVへ - デイリースポーツ:2014/6/8

 背番号1は145キロ右腕・青島。キレのある直球に、最近では少ない大きなカーブが武器。「制球の良さは負けない」との言葉通り、安定感は一番だ。

 球の威力なら、191センチ右腕・佐藤雄偉知投手(3年)。148キロの直球に鋭いフォークは、ハマれば手がつけられない。ドラフト候補として、スカウト陣からの視線は熱い。

 吉田凌投手(2年)は、4人で最速の149キロを誇る右腕。昨夏は準決勝の横浜戦で先発もコールド負け。「悔しい思いをした」と、磨いたスライダーは、空振りを奪える決め球になった。

 ただ1人の左腕は、小笠原慎之介投手(2年)。今春は左ヒジ痛で出遅れたが回復。144キロの直球とツーシームに「それがないといいところがない」という内角攻めで、見逃し三振を量産する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント