花巻東の2年生・佐藤唯斗選手が28号ホームラン

花巻東, 佐藤唯斗

 高校野球岩手大会では花巻東が登場、2年生の佐藤唯斗選手は高校通算28号となるホームランを放つなど大勝した。

大谷翔平クラスのスラッガー

 佐藤唯斗選手は190cm83kgの恵まれた体があり、高校では2年生ながら既に28本塁打を放っている。

 中学時代に投手として活躍したものの、右ひじを痛めて右ひざの軟骨を移植する手術を受け、一度は野球をあきらめかけたが。しかし、高校では野手として成長し、大谷翔平選手の2年生夏を上回るホームランを放っている。

 花巻東からまた飛び出た超ド級のスラッガーの成長を、1年間かけて追い続けたい。

 190センチの佐藤がフルスイングで引っ張った打球は、あっという間にレフトスタンドへ突き刺さった。4―0で迎えた5回1死二塁。「インコースの真っすぐでした。打った瞬間入ったと思いました」という会心の2ランで、盛岡市立を突き放した。

 高校通算28発目となったアーチは、花巻東がプロに送り出した偉大な先輩・大谷を超えるスピードだという。佐々木洋監督(38)は「大谷のような柔らかさはないが、チームで一番長打が打てる。大谷より早いペースです」と佐藤のバッティングを絶賛。さらに「この夏のカギになると思っている」と連覇のキーマンに2年生を指名した。

 1メートル90の右の大砲。2年生ながら高校通算本塁打は28本に伸びた。同校OBの日本ハム・大谷翔平は2年の夏で32本塁打だっただけに、佐々木洋監督は「大谷よりも速いくらいのペース。うちで一番長打が打てる」と目を細めた。大谷がマークした通算56本塁打の半分とした佐藤は「いずれは追いつきたい」と目を輝かせた。


PAGE TOP