2015年ドラフト候補で楽しみな選手 ~高校生東海編~

高橋純平, 上野翔太郎, 伊藤寛士, 小澤怜史, 吐前慎哉, 森奎真, 齋藤健, 平田瑞貴, 山井達也, 山田大樹, 横井希, 福本裕亮, 毛利元哉

 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにみなさまからお寄せいただいている選手で、来年楽しみなドラフト候補を探してみます。今日は東海地方の高校生。

名門校

 来年高校生NO1の評価を受けて、ドラフト1位で指名重複の可能性もあるのが県岐阜商の高橋純平投手。1年生の頃から140km/h中盤の速球を投げていたが、2年生秋の大会ではコントロールも安定しチームをセンバツ出場に導いた。最速152km/hの速球を投げ安定したピッチングができるなら、即戦力として見る球団もでてきそうだ。

 日大三島の小澤怜史投手も静岡高校戦では失点を重ねたものの、力強いストレートが特徴。背番号9を付け、投手としてもう少し改善の余地はあるが、力で押す球は魅力十分。投手としての成長が見られればドラフト出指名されそうだ。

 夏準優勝の三重高校では山井 達也選手が注目される。小学生時代にドラゴンズジュニアチームに選ばれ、中学時代はジャイアンツカップ出場、15U代表に選出、そして高校でも2年生でレギュラーとして全国準優勝に貢献した。夏の大会では下位打線だったがサードとしてプレーし、日本文理戦では飯塚悟史投手からホームランを放っている。50m6.3秒の足もある180cm80kgの選手で身体能力も高そうだ。

  また毎年速球派投手を輩出する菰野高校には今年も147km/hを記録する山田 大樹投手がいる。176cmと大型ではないが体にパワーがあり、打撃でもホームランを放つなど注目される。また横井 希投手も141km/hの力強いストレートを投げる。

 秋はやや振るわなかった愛知勢だが、中京大中京の上野 翔太郎投手と伊藤 寛士捕手のバッテリーは注目されており、愛工大名電も福本 裕亮投手や毛利 元哉選手といった体が大きくセンスの高い選手が揃っている。

 

隠れた逸材

 関商工の平田 瑞貴選手は170cmの体だが高校入学直後にスタメン起用されると1年夏には4番を打ち現在28本塁打。特大の場外ホームランを放つなど長打力は卓越している。

 掛川西高校の齋藤 健投手は182cmのバランスの良い投手で、現在は最速でも140km/hのようだがまだまだ成長しそうだ。また豊橋工の森 奎真投手も182cmからキレの良い速球を投げる投手として期待される。

 至学館の吐前 慎哉投手は180cm後半の身長がある大型左腕投手、球速は130km/h中盤で控え投手だが、その素質に期待したい。

 その他には知徳高校の村中 克晃投手は138km/hのキレの良いボールに、海津明誠の伊藤 健太投手は179cmからの重い140km/hのストレートに、近大高専の西田 昴洋投手は182cmの身長から138km/hの速球を投げ、それぞれ注目される。

 2015年度-東海のドラフト候補リスト


PAGE TOP