阪神、日大三島・小澤怜史投手投手に密着、東海代表する148km/h右腕

高校野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 デイリースポーツはこの日、「虎が追う」という特集で阪神が注目している日大三島の小澤怜史投手を取り上げている。球団関係者も「直す所がない、素晴らしいフォーム」と評価、高橋純平投手が注目される東海地区に、怪物がもう一人いる。

180cm、148km/h右腕

 小澤怜史投手は180cm77kgの右腕投手で、最速148km/hを記録する速球派投手、スライダー、フォークを投げ、昨年秋は東海大会ではベスト4に進出した。

 兄の小澤拓馬投手がエースとして投げていた日大三島で、ファーストや外野手として出場していたが、1年秋は投手に故障者が出た事からマウンドに上ると球速は140km/h前半まで伸び、2年生の夏に148km/hを記録した。

 しかし、兄が卒業してエースとなった昨年秋の静岡大会では、静岡高校に序盤で6点を奪われるなど0-10で敗れると、東海大会の準決勝でも再び静岡高校に8回で12点を奪われていた。球速は出ていたものの力んだストレートを痛打された。

 センバツ出場を逃したこのオフは下半身と体幹を鍛えて体重は3kg増やして77kgとなり、「力を入れなくてもボールが伸びたりする。球速も質も上げていきたい」と話している。

 

阪神スカウトが高い評価

 その小澤投手だが、フォームのバランスなどはスカウトや評論家からの評価が非常に高い。阪神の吉野スカウトは「フォームのバランスがいい。直球に力があるし変化球も腕の振りがほとんど変わらない。右の先発タイプ」と評価すると、阪神球団関係者も「直す所がない、素晴らしいフォーム」と話す。

 昨年秋の東海大会では県岐阜商の高橋純平投手も登板していたが、比較してフォームのバランスは小澤投手を評価する声もあった。

 センバツで高橋純平投手が、フォームのバランスも良く躍動感も見せた成長した姿を見せた。小澤投手は春季大会でまずは成長した姿をお披露目する。そして東海大会で高橋純平投手と投げ合いといきたい所だろう。

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-東海のドラフト候補リスト

小沢怜史、完璧フォーム デイリースポーツ紙面 2015/3/31

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント