敦賀気比・松本哲幣選手が3打数1安打2打点

高校野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 春季高校野球の福井大会では1回戦にセンバツ優勝の敦賀気比が登場、強豪の北陸高校に4-2とギリギリながら勝利した。

センバツ優勝チームも

 地区によってはセンバツに出場したチームは、春季大会では疲労なども考慮して都道府県大会ではシードされたり、そのまま地区大会に推薦で出場する事もあるが、福井大会ではセンバツ優勝の敦賀気比が1回戦から戦う。

 この日は強豪の北陸高校との対戦となった。先発したのは平沼翔太投手ではなく188cmの期待の2年生・山崎颯一郎投手が先発し、初回と8回に1失点したものの味方が3回に4点を奪い、4-2で勝利、山崎投手は完投した。

 甲子園で準決勝で2発、決勝で1発のホームランを放った松本哲幣選手は、この日もセンバツと同じく背番号17を付けて出場し、3打数1安打も2打点を挙げた。

 平沼投手は甲子園全ての試合を投げて疲労が大きいし、また夏に向けて力を蓄えたりフォームの調整などをしているだろう。また夏は暑さのため山崎投手の力も必要になるだろう。

 センバツでは準決勝・大阪桐蔭戦で春夏通じて史上初の2打席連続満塁本塁打を放ち、決勝の東海大四戦でも決勝2ラン。だが、背番号は17のまま。松本は「甲子園くらい打ってアピールしないと」と意気込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント