高校野球中国大会、松江商・松浦有希投手、興譲館・三宅和也投手など好投手のピッチング光る

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 春季高校野球中国大会は、創志学園vs鳥取商は2-0、松江商vs倉敷商、玉島商vs下関国際、興譲館vs広陵の試合は、それぞれ2-1という投手戦が繰り広げられた。

好投手続々

 松江商は3年生の179cm右腕・松浦有希投手が先発すると、倉敷商を7安打1失点に抑え完投で勝利した。最速137km/hの速球を丁寧に投げ、打たせて取るピッチングを見せた。また創志学園に敗れはしたものの鳥取商も最速で140km/hを越す速球を投げ、1年時から活躍を見せている雑賀涼投手が6回から登板し4イニングを無失点に抑える好投を見せた。

 興譲館vs広陵の試合では興譲館のエースで141km/hの速球を投げる三宅和也投手が広陵打線を6安打1失点に抑えて完勝で勝利した。広陵のサイドスロー・肥後皓介投手は2回に死球から、5回には暴投が絡み2失点したものの、粘りの投球を見せていた。

 プロのスカウトも姿を見せていたようで、大きく注目はされていないものの素晴らしい投手が好投を見せた。春の大会の行方も気になるが夏の中国地方は今年も熱くなりそうだ。

2015年度-中国のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント