早稲田大が優勝!大竹耕太郎投手が3安打8奪三振完封で慶應下す

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東京六大学は優勝をかけた早慶戦が行われ、早稲田大の2年生・大竹耕太郎投手が慶大打線を3安打に抑えて完封し、早稲田大学が優勝した。

大竹耕太郎投手が完封

 大竹投手は済々黌出身の182cmの左腕で、球速は最速144km/hを記録するが、130km/h中盤の速球を、打者のインコースに投げるコントロールがある。この日は、慶応大の左のスラッガー・谷田成吾選手、右のスラッガー・横尾俊建選手を相手にもインコースにきっちりと投げ込み、二人をノーヒットに抑え込んだ。

 9回を投げて3安打8奪三振1四球で完封、大学で一番のピッチングを、満員の早慶戦で見せた事に、大竹投手の度胸の良さを改めて感じさせる試合となった。

 大竹投手は済々黌時代に2年生の夏の甲子園に出場すると、初戦の鳴門工戦で1失点完投勝利、続く3回戦では大阪桐蔭と対戦し、森友哉選手にホームランを浴びるなど2-6で敗れた。3年春のセンバツにも出場すると初戦で内田靖人投手などのいた常総学院を完封、2回戦で済美の安楽智大投手と投げ合い1-4で敗れたが、プロ入りした全国の猛者たちと戦いを繰り広げてきた。

 182cmの大型左腕として素質を評価されたものの、早い段階から早稲田大進学の噂があった。大学では1年生から先発として登板するなど結果を出している。

 再来年のドラフトに向けて実績は十分、制球や投球術も定評があり、182cmの左腕という点でも評価されやすいだろう。しかし向上させたいのは球威やパワーで、常時140km/hを越えてくれば、ドラフト上位で消える投手になりそうだ。

 

野手陣、輝けず

 この試合で今年のドラフト候補として注目されたのは、早大の茂木栄五郎選手、丸子達也選手、慶大の谷田成吾選手、横尾俊建選手だが、谷田選手、横尾選手は2年生の大竹投手にノーヒットに抑えられ、茂木選手も慶大の3年・加藤拓也投手にノーヒットに抑えられた。

 丸子選手は3打数2安打でチャンスメークし、6番の道端俊輔選手が8回に2点タイムリーヒットを記録した。道端選手は智弁和歌山時代からプロ注目の捕手だったが、大学では3年時まで、マスクをかぶるものの目立った活躍はできていなかった。しかし4年生になって高橋監督が就任すると、相手チームの打者の特徴をノートにまとめて分析し、2年生の大竹投手や1年生の小島和哉投手、3年生の竹内諒投手といった球速130km/h台の投手を好リードした。

 3年時までそのような分析をしていなかったという事ではないと思うが、捕手としての能力は高い。社会人に進むか、または今年のドラフトで獲得に動くチームもあるかもしれない。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

緩急自在の投球がさえ渡った。最速140キロの直球に90キロ台のスローカーブを織り交ぜる。さらにチェンジアップも球速差をつけ、90キロ台も投じて慶大打線を幻惑した。6回2死まで無安打。三塁を踏ませず、3安打に封じ込んだ。高橋監督の就任1年目でいきなり優勝を決め「監督さんが“点を取られなければいい”と言ってくれて気が楽になった」と感謝した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント