静岡にプロ注目右腕がそろう、駿河総合・杉山一樹投手、日大三島・小澤怜史投手

日大三島, 小澤怜史, 杉山一樹, 駿河総合

 夏の高校野球静岡大会も組合せ抽選が行われた。強打の静岡高校がいるが、二人の右腕にプロのスカウトの視線が集まっている。

状態が上がる148km/h右腕

 日大三島・小澤怜史投手は最速148km/hの速球を投げる右腕で、阪神などが高く評価している。この日は瀬谷高校との練習試合で先発すると、5回を投げて1失点とまずまずの投球を見せ、「状態は上がってきている。」と話した。

 組合せ抽選で日大三島は開幕戦を戦うことが決まり、2回戦で静岡高校と対戦する事が決まった。小澤投手は「開幕戦に勝って万全の状態で臨みたい」と静岡高校との対戦に意気込みを見せた。

 昨年秋の静岡大会では準決勝で静岡高と対戦し、小澤投手は序盤で攻略され交代しチームも6回コールド10-0で敗れている。まだ疲労の少ない大会序盤で強打の静岡高校と対戦する事は、日大三島にとってチャンスかもしれない。

 

191cm右腕

 もう一人注目投手がいる。駿河総合の杉山一樹投手は191cmから145km/hの速球を投げ、春の初戦では6回をノーヒットに抑えるピッチングを見せ、中日の中田スカウト部長も「原石だね」と評価している。

 まだまだ成長をしている超大型右腕にも注目が集まる。

2015年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

最速148キロ右腕の初戦の相手は浜松開誠館に決まったが、勝てばセンバツ8強の第1シード静岡と激突する激戦区にも「静高の隣に入る予感がしていたので驚きもなかった」と平然。この日は瀬谷(神奈川)との練習試合に先発して5回1安打無失点。「状態は上がってきている。開幕戦に勝って万全の状態で臨みたい」と闘志を燃やした。

杉山一の成長曲線は誰よりも急激に上がっている。身長191センチの大型投手はプロも注目。今春、複数の球団にチェックされた。県大会の視察に訪れた中日中田宗男スカウト部長(58)からも「原石だね」と評価。145キロの最速を計測したのは練習でのこと。「狙えたら更新したい」と公式戦で自己記録更新もうかがう。


PAGE TOP