2016年ドラフト候補、高校生四国編

2016年ドラフト候補になりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は四国の高校生候補です。

強豪校

明治神宮大会で優勝を納めた高松商は、エースの浦大揮投手は179cmから141キロの速球を投げる。明治神宮大会初戦となる札幌第一戦で先発し、9回6安打1奪三振で2失点に抑え、打たせて取るピッチングを見せた。またこの大会では美濃晃成選手が準決勝の大阪桐蔭戦で4打数3安打1打点、決勝の敦賀気比戦で5打数3安打3打点を記録、170cmと小柄だが50m6.0秒の足とここまで通算13本塁打の思い切りの良いスイングもある。またキャッチャーの植田響介選手は大型捕手で安定感をもって投手に安心感を与える存在となっている。

四国大会準優勝の明徳義塾も1番の立花虎太郎選手の活躍が目立った。180cmの1番打者で四国大会準決勝と決勝で9打数4安打2打点を記録、大型のセンターとして成長が期待される。また4番捕手の古賀優大選手はチームの要、セカンドまで1.8秒台という強肩もありプロが注目している。投手は中野恭聖投手が好投を見せたがドラフト候補としては球速もまだまだ、球速のある国光瑛人投手が投げられるようになれば注目されるかもしれない。

鳴門高校は1年時から甲子園を経験している河野竜生投手、中山晶量投手の成長に注目される。特に中山投手は185cmの大型投手で角度のある球を投げ、140キロを常時投げられるようになればドラフトで指名される投手となる。

 

その他の候補

香川は寒川高校の得平聖貴選手、傍士直哉捕手が肩の強い選手として名前が挙がっている。尽誠学園の宮川魁成投手は投げても140キロを超し、打っても鋭い打球を見せる。英明高校の山田晃投手は190cmの長身右腕、球速は130キロ前半でまだまだだが期待される。

徳島では生光学園の武岡大聖選手はU12の時に世界大会で活躍した選手、相澤翔選手は50m5秒台の足が魅力。

愛媛では松山聖陵のアドゥワ誠投手が188cmで球速は130キロ台後半、成長を期待したい。

高知では高知高校の谷脇瑞基投手は186cmから140キロを投げ、室戸高校の安岡将妥投手も140キロを超すストレートを投げる左腕投手。

2016年度-四国のドラフト候補リスト


PAGE TOP