8月30日に開幕するU18アジア選手権はBS-TBSが中継

高校野球ドラフトニュース 侍ジャパン 2016年ドラフトニュース

侍ジャパンU18代表(高校日本代表)が出場するU18アジア選手権は、8月30日から台湾で開催される。中継はBS-TBSで行われる。

日程とテレビ中継

侍ジャパンU18日本代表選手一覧

放送日対戦BS-TBSの放送時間
8月30日(火)日本 vs 香港13:00~15:54(延長なし)
8月31日(水)台湾 vs 日本19:00~21:54(延長あり)
9月1日(木)日本 vs インドネシア13:00~15:54(延長なし)
9月2日(金)vs中国 セミファイナル19:00~21:54(延長あり)
9月3日(土)vs韓国 セミファイナル19:00~21:54(延長あり)
9月4日(日)※3位決定戦13:00~15:54(延長あり)
9月4日(日)※決勝19:00~21:54(延長あり)

日本はグループAで台湾、インドネシア、香港とリーグ戦を戦う。セミファイナルではグループBの韓国、中国、フィリピン、タイの上位2チームと対戦し、決勝戦または3位決定戦に出場する。

グループリーグでは台湾との試合がカギとなりそうで、日本は失点はなかなかしないと思うが、守備のミスなどがカギとなりそう。得点は木製バットという事もありなかなか難しいと思うが、足でかき回して相手のミスを突きたい。

セミファイナルラウンドでは2014年大会で決勝で敗れている韓国が最大の相手となりそうだ。フィリピンや中国も相手投手次第では苦戦するかもしれない。とにかく守備でミスをしないことが決勝に向けて必要となる。

2014年大会は準決勝で台湾に3-2で勝利し、決勝では1-2で韓国に敗れた。森田駿哉投手が好投したものの内野手の3つのエラーで2失点しそのまま敗れている。やはり内野守備が優勝のポイントとなる。

前回のU18アジア選手権(2014年)の代表→ 侍ジャパン18U代表の18人を発表、前橋育英・高橋光成投手、春江工・栗原陵矢捕手、智弁学園・岡本和真選手など選出

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント