侍ジャパン18U代表の18人を発表、前橋育英・高橋光成投手、春江工・栗原陵矢捕手、智弁学園・岡本和真選手など選出

浅間大基, 小島和哉, 高橋光成, 栗原陵矢, 飯塚悟史, 岡本和真, 岸潤一郎, 山城大智, 香月一也, 岸田行倫, 吉田有輝, 徳本健太朗, 森田駿哉, 脇本直人, 安里健, 峯本匠, 安田孝之, 岡田耕太

 侍ジャパンと高校野球連盟は、9月1日からタイで行われる18Uアジア選手権の代表18人を発表した。この夏の甲子園未出場の選手として、昨年夏優勝の前橋育英・高橋 光成投手、昨年選抜優勝の浦和学院・小島 和哉投手、春江工の栗原 陵矢捕手などが選出された。今年のドラフトで名前が上がる選手が指名されている。

侍ジャパン18U代表一覧

守備 高校 選手 学年 特徴 投打 球速 短評 評価
投手 明徳義塾 岸潤一郎 3 175cm72kg 右右 145 甲子園でも抜群の度胸を見せた。打撃も◎ A
富山商 森田駿哉 3 183cm79kg 左左 146 甲子園で完封、完投、大会NO1左腕の実力発揮 A
沖縄尚学  山城大智 3 175cm68kg 右右 137 ライアン投法で粘りの投球、成長期待できる B
日本文理 飯塚悟史 3 187cm76kg 右左 148 甲子園4試合一人で投げ切る、角度ある球 A
前橋育英 高橋光成 3 188cm88kg 右右 148 昨夏優勝、角度あるストレートとスプリット武器
浦和学院 小島和哉 3 175cm75kg 左左 142 昨春優勝、伸びるストレートと鋭い変化球注目 A
捕手 春江工 栗原陵矢 3 178cm74kg 右左   高校入学時からプロ注目、1年秋に活躍 A
報徳学園 岸田行倫 3 175cm70kg 右右   抜群のフットワークで遊撃手としてもセンスあり B
敦賀気比 岡田耕太 3 173cm78kg 右右   強打の敦賀気比の4番、金属バットで鋭い振り B
内野手 明徳義塾 安田孝之 3 174cm73kg 右左   明徳の遊撃手として好プレー、つなぐ打撃も
履正社 吉田有輝 3 173cm69kg 右左   中学時日本代表遊撃手、打撃で準優勝貢献 B
沖縄尚学 安里健 3 181cm84kg 右右   大型サードとして長打魅力 B
大阪桐蔭 峯本匠 3 172cm72kg 右左   2番を打ち小柄ながらも甲子園で長打力見せる B
智弁学園 岡本和真 3 182cm80kg 右右   高校通算55本塁打の怪物候補 特A
大阪桐蔭 香月一也 3 175cm82kg 右左   2年時から甲子園で活躍、天才的打撃は森譲り A
外野手 健大高崎 脇本直人 3 180cm80kg 右左   機動破壊の中心核、インコース打ちの技術高い  A
横浜  浅間大基 3 182cm72kg 右左   プロ注目のパンチ力ある1番打者、22本塁打 特A
龍谷大平安 徳本健太朗 3 177cm78kg 右左   50m5.8秒の俊足をプロも評価、本塁打も記録 A

 

 夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭からは峯本選手、香月選手の2番、3番が選出され、福島投手などは選出されなかった。また準優勝の三重高校からの選出は無かった。

 夏の甲子園組ではNO1左腕の森田投手、健大高崎で活躍した脇本選手が選出された。甲子園未出場組からは、昨年春優勝の浦和学院・小島投手、夏優勝の高橋投手が選出された。ともに今年は不調で甲子園出場ができなかったが、状態が注目される。また横浜高校の浅間大基選手が選出された。

 またサプライズとしては春江工の栗原陵矢捕手が選出された。栗原選手は九州国際大付の清水優心選手などとともにプロ注目の捕手だが、甲子園に出場した清水選手をさしおいて18U代表に選出された。中学時から注目された選手として、関係者の期待度が現れている。

 ちなみに、センバツ後に発表された第一次候補は以下の通り(黄色は18U代表選出選手)

守備 高校 選手 学年 特徴 投打 球速 短評 評価
投手 佐野日大 田嶋大樹 3 180cm70kg 左左 145 柔軟にフォームを変える速球派左腕  A
日本文理 飯塚悟史 3 187cm76kg 右左 148 明治神宮大会決勝で2本塁打、注目  A
豊川 田中空良 3 176cm74kg 右左 145 センバツで145km/h記録、動く球でベスト4 
龍谷大平安 高橋奎二 2 176cm62kg 左左   エースとして活躍、試合の流れ変える力  B
履正社 永谷暢章 2 184cm80kg 右右 147 まだ安定感欠けるが147km/h速球魅力 A
新庄 山岡就也 3 173cm75kg 左左 143 4試合完投、カーブ、スライダーも鋭い A
明徳義塾 岸潤一郎 3 175cm72kg 右右 145 甲子園でも抜群の度胸を見せた。打撃も◎ A
美里工  伊波友和 3 178cm72kg 右右 144 球威で押せて、空振り奪える本格派 B
沖縄尚学  山城大智 3 175cm68kg 右右 137 ライアン投法で粘りの投球、成長期待できる B
捕手 関東第一 池田瞳夢 3 171cm80kg 右右   セカンドまで1.87秒の肩に打撃開眼 B
豊川 氷見泰介  3 173cm71kg 右左   チームの3番として安打連発、光るリードも B
龍谷大平安 高橋佑八 3 176cm75kg 右右   決勝で3安打、捕手として2年生二人を好リード C
報徳学園 岸田行倫 3 175cm70kg 右右   遊撃手としてセンス見せる B
内野手 白鴎大足利 直井秀太 3 173cm78kg 右左   パンチ力がある一塁手 C
八戸学院光星 深江大晟 3 176cm75kg 右右   大会前に3本塁打、大会でもホームラン放つ B
佐野日大  吉田叡生 3 172cm72kg 右左   セカンドで主将、小柄ながらパワーある打撃  B
明徳義塾 森奨真 3 170cm65kg 右右   セカンドの守備でベスト8貢献
智弁学園 岡本和真 3 182cm80kg 右右   高校通算55本塁打の怪物候補 特A
沖縄尚学 安里健 3 181cm84kg 右右   大型サードとして長打魅力 B
横浜 高濱祐仁 3 182cm82kg 右右   通産23本で評価高くドラフト1位候補 特A
履正社 吉田有輝 3 173cm69kg 右左   中学時日本代表遊撃手、打撃で準優勝貢献 B
外野手 白鴎大足利 大下誠一郎 2 172cm87kg 右右 141 福岡まで監督が口説きに行き、優勝の立役者  B
駒大苫小牧 伊藤優希 3 175cm68kg 右右   100m11.3秒の俊足外野手 B
横浜  浅間大基 3 182cm72kg 右左   プロ注目のパンチ力ある1番打者、22本塁打 特A
龍谷大平安 徳本健太朗 3 177cm78kg 右左   50m5.8秒の俊足をプロも評価、本塁打も記録 A
沖縄尚学  赤嶺謙 3 176cm73kg 右右   50m5.8秒のある外野手、評価上がりそう

 

 明徳義塾の岸投手、沖縄尚学の山城投手、日本文理の飯塚投手、智弁学園・岡本選手、龍谷大平安・徳本選手がそのまま選出された。

 

選出されなかった選手

 一次候補に挙がっていた選手のうち、佐野日大の田嶋投手、新庄の山岡投手、豊川の田中投手が選出されなかった。田嶋投手は状態が良ければ選出されたと思うが、栃木大会決勝で故障をして選出されなかったとみられる。また横浜の高濱祐仁選手も調子が上がらず選出されなかった。

 昨年の18U世界選手権でキューバを完封した済美の安楽智大投手は選出されなかった。また、おととしは森友哉選手、昨年は安楽投手、高橋光成投手など2年生が選ばれていたが、龍谷大平安の高橋投手、履正社の永谷投手など2年生の選出はなかった。


PAGE TOP