天理のバレンティン・神野太樹選手に阪神など3球団注目

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

春季高校野球奈良大会、天理高校は橿原学院に9-0で勝利し、ベスト4に勝ち進んだ。天理のバレンティンと呼ばれる神野太樹選手が3点タイムリー3ベースヒットを打った。

3球団視察

神野太樹選手は172cm77kgと体はそれほど大きくないが、筋肉のついた体で、高校通算はまだ11本だが、元近鉄などでプレーしていた中村監督も「右翼、中堅にも放り込む」と長打力を評価している。

この日は8回1アウト満塁の場面で、右中間を鋭い打球で抜けていく3点タイムリー3ベースヒットを打ち、2安打4打点を記録、「自分の打撃ができた」と話した。

この日は阪神など3球団のスカウトも視察し、神野選手にも注目をしている。ドラフト的には小柄な選手で外野手という事もあり、指名候補に残るのはまだまだ大きなアピールが必要となる。今のところは大学などで成長を見て、という判断になりそうだが、夏の甲子園出場をして打撃をアピールしたい。

天理高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

チームメートに「バレンティン」と呼ばれる強打者が、阪神など3球団の前で快音を響かせた。

 八回1死満塁は右中間を深々と破る3点三塁打。「自分の打撃ができた」。高校通算11本塁打ながら、近鉄、阪神でプレーした中村監督が「右翼、中堅にも放り込む」と評価するパンチ力を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント