常磐高の146キロ右腕・山上信吾投手が6回9奪三振、阪神スカウト評価

常磐高, 山上信吾

高校野球群馬大会では、常磐高校の山上信吾投手が好投を見せた。阪神スカウトが評価をしている。

初戦の反省から

146キロ右腕の山上信吾投手は、初戦となった2回戦でリリーフで登板したものの、3つの四死球を与えて降板していた。この日は先発を任されたが、初回に1安打3四球で1失点をしてしまう。

しかし山上投手は「内野手から力んでいたと言われ、ボールを離す瞬間だけ力を入れる感じにして投げ続けました。」と話し、2回以降は力が良い感じで抜け、球速も146キロを記録した。

味方のエラーも絡み6回を投げて3失点をしたものの、9つの三振を奪って守りぬき、高崎東を9-4で下し、4回戦進出を決めた。

この日視察した阪神の吉野スカウトは「体に力があるので、150キロ超えはすぐの素材。腕の振りだけでここまでという感じで楽しみ」と話し、まだ伸びしろが十分な選手と評価した。

将来は150キロ台を連発しそうな183cmの右腕、この夏の成長も期待したい。

2017年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

視察した阪神・吉野スカウトは「体に力があるので、150キロ超えはすぐの素材。腕の振りだけで、ここまでという感じで楽しみ」と評価した。


PAGE TOP