その他、ドラフト注目高校生のまとめ

正木智也, 川村友斗, 柿崎颯馬, 田中法彦, 小泉龍之介, 宮田稜平

神奈川では桐蔭学園が敗退、プロ注目の柿崎颯馬選手は進路について語った。菰野高の2年生・田中法彦投手は147キロを記録し好投した。

神奈川大会では桐蔭学園が大師に3-4で敗れ、3回戦で姿を消した。プロ注目の柿崎颯馬選手はこの日も3打数2安打2打点の活躍を見せたが、勝利に及ばなかった。進路について柿崎投手は「将来的には。」と話し「できるなら高いレベルで野球を続けたい。後輩たちに目標にされる選手になりたい」と話した。

また神奈川大会では慶応のスラッガー・正木智也選手が高校通算49号ホームランを放った。この日は3安打3打点の活躍で、光明相模原に6-0で勝利した。センター方向に伸びて入ったホームランに正木選手は「入ると思わなかった。いい感じで打席に入れていた」と話した。

さらに神奈川では横浜高校が3本塁打で秀英に9-2で勝利、プロ注目捕手の福永奨選手、2年生・長南有航選手、そしてスーパー1年生の小泉龍之介選手がアーチを描いた。小泉選手は鯖江ボーイズ出身で、体は171cm72kgと大きくないものの中学時代は球速138キロを記録し、ボーイズで全国制覇をしている。高校では外野手として打撃を磨いており、この日は2回1,3塁の場面で放った打球が、バックスクリーンに飛び込んだ。鯖江ボーイズOBの吉田正尚選手のように、身長は高くなくてもスラッガーとして注目される選手になりそうだ。

南北海道大会では、北海の川村友斗選手が3試合連続4本目のホームランを放ち、強豪・北照を下した。川村選手は昨年夏の甲子園で2試合連続ホームランを放ち、チームの準優勝に貢献している。今年は川村選手が3年生としてチームを引っ張る。

兵庫大会では育英のプロ注目スラッガー・宮田稜平選手が、ライトスタンド最上段に突き刺す特大ホームランを放った。宮田選手は183cmの右のスラッガー。

三重大会では菰野高校が高田に6-2で勝利、この日は2年生の田中法彦投手が登板、171cmの右腕だが最速は147キロを記録、5回を投げて1安打1失点の好投を見せた。151キロを投げる岡林飛翔投手がいる中で、来年も球速が注目されそうな投手が菰野から出てきた。

1メートル71、72キロと大きくはないが、福井・武生二中2年夏に鯖江ボーイズで投手として全国制覇。最速138キロを出した。その冬にはチームOBのスラッガー、吉田正尚(オリックス)から「ボールが来たら思い切り振れ」と教えられた。吉田は1メートル73の体で、フルスイングで飛ばす。小泉にも重なる持ち味だ。

1―0の4回1死二塁、1番の打順に入ったプロ注目打者の宮田稜平右翼手(3年)が左翼席最上段に突き刺す特大2ラン。

岡林さんが注目される中、自分もいるのを見せたかった」と、2回2死から長谷川に投じた4球目は、自己最速を更新する147キロを計測した。


PAGE TOP