プロ注目対決、大曲決戦は大曲工・藤井黎來投手がノーヒットノーランで勝利

大曲工, 藤井黎來, 戸澤秋斗, 大曲農

高校野球秋田大会では、大曲工の144キロ右腕・藤井黎來投手と、大曲農の145キロ右腕・戸澤秋斗投手の投げ合いとなったが、藤井投手がノーヒットノーランを達成し、1-0で勝利した。

プロ注目同士

プロ注目投手同士の投げ合いは、1-0で昨年夏代表の大曲工に軍配が上がった。

大曲農の戸澤秋斗投手は179cmの右腕で145キロの速球を投げる投手として注目された。この日も力のある投球で、9回で8安打を許したものの速球で押し込んで打たせて取り、9回8安打4奪三振1失点と、昨年夏の代表校・大曲工を1点に抑えた。

しかしこの日は、大曲工・藤井黎來投手の内容が上回った。「とにかく低めに投げよう」と、コントロールを意識し、9回130球を投げ切って、許したヒットは0本だった。四死球は4つ与えたものの、10三振を奪い、2試合連続2ケタ奪三振となった。

阿部監督は「緊張感のある試合だったので、1球1球丁寧に投げたのがいい結果につながった」と話し、ノーヒットノーラン達成の要因を分析していた。

藤井投手は昨年春に右足首じん帯断裂の大けがをしたものの、昨年夏の甲子園では花咲徳栄を相手に140キロを超す速球で、8回5失点も7奪三振の力のあるピッチングを見せて注目された。今年はさらにパワーアップし、安定感を増した投手となっている。

好投手が多く出てくる秋田大会、戸澤投手も将来が楽しみで大いに期待をしたい。

2017年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト
2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

1―0の投手戦。藤井も、ベンチも大記録のことは頭になかった。試合中は捕手の藤原と、「高めに浮いたらやられる。とにかく低めに投げよう」と確認し続けた。そして最後の打者を空振り三振に打ち取るとようやく笑みがこぼれた。4四球を与えたが、2試合連続2桁となる10奪三振。直球が内外角に決まり、得意のスライダーも切れた。


PAGE TOP