山形中央の高校通算53本スラッガー・大泉周也選手「最終的にプロ」

山形中央, 大泉周也

高校野球山形大会では、山形中央のスラッガー・大泉周也選手がホームランを放ったものの試合に敗れた。進路についてはプロ志望届を提出するかは未定とした。

最終的にプロ

大泉周也選手はこの日の日大山形との決勝戦で3回、2アウト1塁の場面で打席に入ると、1点差に追い上げるセンター方向への2ランホームランを放った。「狙って打った」とホームランを狙っていたことを明らかにした。

しかし試合は3-16と大差が開き、甲子園には届かなかった。試合後に大泉選手は進路について、プロ志望届を提出するかは未定としたが、「最終的にはプロに行きたい」と話し、これから進路をしっかり決めていく。

175cm85kgの左のスラッガー、プロ側の評価がどのくらいか、そして本人の決断はどうなるか注目したい。

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
2017年度-高校生-山形県のドラフト候補リスト

3番打者として、3点を追う3回2死一塁で、中堅へ一時は1点差に迫る2ラン。「狙って打った」と、3年ぶり3度目の優勝へ執念を見せた。高校通算53本塁打のスラッガーは、プロ志望届を今年提出するかは未定としながらも「最終的にはプロに行きたい」と、力を込めた。


PAGE TOP