花咲徳栄・西川愛也選手のプレーに、日本ハム、中日、DeNA、ヤクルトなど絶賛

花咲徳栄, 西川愛也

この甲子園の注目外野手の一角、花咲徳栄の西川愛也選手がこの日、第1打席の初球でタイムリーヒットを打ちチームに勢いをもたらした。プロもその打撃やプレースタイルを絶賛した。

初球打ち

西川愛也選手は昨年夏の甲子園で4番を打ったが、3試合で10打数5安打4打点を挙げていた。バットを自らの手のように扱う事ができ、感覚的に投球を点で捉えるような感じがある。この日は1回に1アウト3塁のチャンスで打席に入ると、組み合わせ抽選後にテレビ映像で見て頭の中でタイミングを合わせてきた開星・中村投手の初球を狙う打つ。打球は一二塁間を痛烈に割る、先制のタイムリーヒットとなった。「イメージ通りだったので、初球から合わせられた」と話した。

続く第2打席も同じようにライト前にヒットを打ち、この日は5打数2安打だった。しかし3打席目以降が凡退だったことについて「全然ダメ、力みましたね。一発狙った分もある」とホームランを狙って力んだことを反省していた。

プロのスカウト絶賛

この日の西川選手の打撃やプレーに、視察したプロのスカウトも絶賛をしている。

北海道日本ハム・山田スカウト顧問:「高校生では横浜・増田らと並ぶトップクラス。足もあり広角に打てる」

横浜DeNA・吉田スカウト部長:「球の捉え方がいい。リストも強い」

中日・中田スカウト部長:「初球を芯でつかまえられて、レベルの高いものを持っている。走攻守でセンスが高い。元々やっていた内野手としても期待ができる」

東京ヤクルト・小川SD:「タイミングの取り方がしっかりしていて、野球センスを感じる。守備では風で戻された打球に対してダイビングキャッチ。球際の強さも大事なこと。痛めていた肩の状態は詳しくはわからないが、打撃、足、捕球と野球のセンス、雰囲気を感じた。」

50m6.2秒の足があり、走塁や守備でもセンスあるプレーを見せる。今大会もこれからも活躍を見せてくれそうで、秋のドラフト会議も楽しみになってきた。

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

「しっかりタイミングを取れていいスイングができた。(映像の球筋と)イメージ通りだったので、初球から合わせられた」。開星・中村とは初対戦だが、今秋ドラフト候補は「左対左」も苦にせず、サラっと言ってのける。この初球打ちに凄さが凝縮されていた。

西川はこれで甲子園出場全5試合連続安打。19打数10安打、7打点、打率・526を誇る。昨夏は5月の大胸筋断裂からの回復途上で結果を残した。11月に患部を手術後は、激痛に耐えて筋肉を伸ばすリハビリをこなし、スケールアップして聖地に戻ってきた。

西川について中日・中田スカウト部長「初球を芯でつかまえられて、レベルの高いものを持っている。走攻守でセンスが高い。元々やっていた内野手としても期待ができる」

守備では、風で戻された打球に対してダイビングキャッチ。球際の強さも大事なことだ。痛めていた肩の状態は詳しくはわからないが、打撃、足、捕球と野球のセンス、雰囲気を感じた。


PAGE TOP