天理・神野太樹選手が2打席連続ホームラン、進学希望もヤクルト・小川SD評価

天理高, 神野太樹

天理のバレンティン、神野太樹選手が2打席連続ホームランを放った。リストの強さを東京ヤクルト・小川SDが評価している。

2打席連続

神野太樹選手は2回、137キロの速球を捉えると、ライナーでバックスクリーン右に飛び込む強烈なホームランを放った。「打った瞬間、いったと思いました。今までで一番いい打球」というあたりだった。

そして4回の2打席目、今度は変化球で攻める相手バッテリーだったが、甘く来た高めのストレートを振りぬくと、今度はレフトスタンドの前列から中列に飛び込むホームランを放った。天理のバレンティンと呼ばれるその力を見せた。

小川SDが評価

甲子園で視察をしている東京ヤクルトの小川SDは、「2本ともリストの強さはパワーを感じた。注目される甲子園ではメンタルの強さを発揮した」と評価した。また「進学希望と聞いた」と、進路についての情報も話した。

2打席連続弾はなかなかできるものではない、神野選手のパワーは本物だろう。ただしバットで運ぶという感じではなく、腕っぷしの強さとリストの強さで、金属バットの反発を使った当たりだと感じる。それでも高めの真っすぐに押されずにしっかりとはじき返す力は十分評価できる。

大学などに進み、今度は木のバットで振りぬいて、バレンティン選手のような豪快なホームランを放ち、そこでも〇〇のバレンティンと呼ばれる選手になって、ドラフト候補に挙がってほしい。

夏の甲子園2017、第6日目の組み合わせと注目選手
第99回(2017)高校野球選手権大会の出場校と注目選手

天理・神野太樹外野手(3年)が二、四回と2打席連続本塁打を打った。進学希望と聞いたが、2本ともリストの強さやパワーを感じた。地元では「天理のバレンティン」とまでいわれているそうで、注目される甲子園ではメンタルの強さを発揮した。

先頭で迎えた二回の1打席目、137キロ直球をとらえ、1メートル72、77キロのがっちりした体でフルスイングした打球は、弾丸ライナーでバックスクリーン右へ一直線。「打った瞬間、いったと思いました。今までで一番いい打球」と自画自賛する先制弾で満員の高校野球ファンの度肝を抜いた。

 さらに四回の2打席目、高めに浮いた直球をたたくと打球は左翼席へ吸い込まれた。「まさか入るとは思わなかった」と本人も驚く2打席連続本塁打で、中村良二監督(49)=元近鉄、阪神=に甲子園初勝利をプレゼントした。

二回無死は中堅右へライナーの先制ソロ。「今までで一番いい打撃だった」と振り返る一発で勢いに乗った。四回1死は左中間へソロ。中村監督も高校時代は経験がない2打席連発に「監督を超えられたのはうれしい」と白い歯を見せた。

15年の入寮時にバレンティンと名付けられた。日焼けした精かんな顔つき、目の横にある特徴的なほくろがヤクルトの助っ人を想起させる。背筋力200キロ。スイングスピード125キロ。屈強な体がパワーを生み出す。


PAGE TOP