清宮選手獲得に向けて、各球団の反応

清宮幸太郎, 早稲田実

清宮幸太郎選手のプロ志望会見を受け、各球団が動きを見せている。

中日

中日は清宮選手獲得を厳命していた白井オーナーがこの日、「欲しんだけども、もう一人いるからな」と話し、夏の甲子園で大会記録となる6本塁打を放った広陵の中村奨成捕手の獲得も示唆した。

西山球団代表は「特Aの評価、何年かに一人の選手であることは間違いない。」と話したが、白井オーナーは「いろいろな意見がある」とし、「まだ最終決定したわけではない」と未決定であることを強調した。松永編成部長も「1位候補であることは間違いないが、うちはまだ詰めて話をしていない」とした。

中日は正捕手の確立というチームの課題もあり、中村選手は打撃も抜群で優先される可能性もある。難しい判断が迫られそうだ。

横浜DeNA

ラミレス監督はコメントを求められたものの、CS争いに集中するため「ノーコメント」とした。吉田編成部長兼GM補佐は「プロ入りを決断してくれたのは、野球界全体にとって喜ばしい事。打者として大学、社会人を含めてのNO.1評価をしている」と話した。しかし「投手で行くか野手で行くかはまだ決めていない」と話した。

高田GMも「ドラフト会議で1位で指名される選手」と評価しているものの、「守るポジションが一塁しかない。うちにはロペスがいる」とも話している。しかし日刊スポーツでは、特Aランクで別格の評価をしており、既に1位指名する方針を固めていたとしている。

東京ヤクルト

小川SDは清宮選手のプロ志望について、「1位候補の最有力であることは間違いない。その方向で話が進んでいるのは確か」と話した。衣笠球団社長兼オーナー代行が、清宮選手獲得に向けて一本化していくと明言しており、「まだ完全に100%ということではない」と小川SDは話したものの、1位指名の方向で進めていく事を認めた。

広島

広島は松田オーナーがコメントし、「素晴らしい選手だし、野球界にとって大変良いこと」と話した。しかし、「地元には中村という素晴らしい選手もいる。そういう状況で、清宮を先に指名するのは難しいんじゃないか」と話し、もし高校生野手の指名ならば、広陵の中村奨成捕手を優先する可能性を示した。

チームは投手の獲得を優先する声もあり、いずれにしても清宮選手の1位指名からはやや引いた感じ。

千葉ロッテ

林球団本部長は「あの打力は非常に魅力的。人気もあるし、球界を代表する選手になれる素材。球団としても注目している」と高く評価をしている。ただしチームは伊東監督の退任が決まっており、チームの強化戦略が定まっていない事から、チームとしての決断はまだ先となる。

北海道日本ハム

清宮選手の獲得に前のめりだった栗山監督は、王貞治氏のホームラン記録を目標とした清宮選手について、「すごい記録ではあるけど、絶対に無理とかそうではない。すごくイメージができる」とあらためて高い評価を見せた。また将来的な米大リーグ挑戦にも「志がはっきりしているのはすごくいいこと」とした。

ただしこの日は、「最後は球団の判断」と話し慎重な姿勢も示した。

東北楽天

立花球団社長は清宮選手について、「1位候補です。うちは外国人が3人出ている現状を見ても、日本人のホームラン打者を育てるのは重要なこと」と話した。しかし、「ただ、安田という声もある」と履正社の安田尚憲選手も同じくらいの評価であることを示唆しており、安田選手の単独1位指名を狙う構えも見せている。

埼玉西武

渡辺SDはプロ表明会見について、「プロ野球界としてよかったと思います。これである意味、ドラフトに集中できます」と話した。20日の編成会議では「一番くらいの評価はしている」としながらも、「うちとしては投手が足りない部分がある」と話し、投手の1位指名の方針も示唆している。

ドラフトに集中できる、という発言は、これで他球団の動きが読めるようになるというように捉えることができる。阪神、巨人、福岡ソフトバンクなどが清宮選手に1位指名する事が固まっていけば、投手を狙う西武にとっては好都合という所か。

オリックス

オリックスは清宮選手の指名は避ける方針で、長村球団本部長も「シーズンが終わったら監督としっかり話す。その状況によっては会議に入ってもらうこともある」と話した。

【セ6球団の「清宮評」】広島・松田オーナー「素晴らしい選手」 (1/3ページ) – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

【パ6球団の「清宮評」】ソフトB・王会長「プロ向きの性格」 (1/3ページ) – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


PAGE TOP