大阪桐蔭・根尾昂選手が特大バックスクリーン弾

大阪桐蔭, 根尾昂

秋季高校野球大阪大会では5回戦が行われ、大阪桐蔭は香里丘に7-2で勝利しベスト8に勝ち上がった。根尾昂選手が特大の高校通算17号を放った。

122mフェンスを軽々越す

西谷監督も驚きのホームランだった。7回2アウト1塁の場面で打席に入った根尾選手は、3球目のストレートを振りぬくと、打球はセンター後方にぐんぐん伸びていく。122mの外野フェンスを軽々越え、バックスクリーンの直撃する特大の当たりだった。

西谷監督は「平田とか森も打ってましたね。なかなか、ああいう本塁打は打てない」と話し、プロにドラフト1位で入った二人の先輩の名を挙げた。

根尾選手はこれで高校通算は17本、またこの日は5回に2アウト満塁の場面で2点タイムリーヒットを放つなど5打数2安打4打点の活躍を見せた。

投打に注目される根尾選手、夏の甲子園での悔しさをバネに、集中力を切らすことなく春まで駆け抜けていきそうだ。

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

打球はバックスクリーン真ん中に直撃した。2-1で迎えた7回2死一塁。根尾が3球目の直球を振り抜くと、打球は真っすぐに飛んだ。通算17本目は公式戦初のバックスクリーン弾。

高校通算17本目の一発に「自分のスイングができたと思う」と納得の表情。西谷浩一監督は「平田(中日)、森(西武)も打っていた。なかなか、ああいう本塁打は打てない」と驚く特大アーチだった。


PAGE TOP