センバツ2018、注目の投手は?

大谷拓海, 根尾昂, 柿木蓮, 斎藤礼二, 市川悠太, 川原陸, 奥川恭伸, 細川拓哉, 土居豪人, 扇谷莉, 井上広輝, 佐藤亜蓮

センバツ高校野球の出場校が発表された。注目選手は2018年センバツ出場校とドラフト注目選手にまとめているが、その中で特に注目される投手を挙げてみる。

センバツ注目投手

中央学院の大谷拓海投手は180cmから145キロの速球を投げる。ストレートの質がもう少しよくなればドラフト上位を狙える。センバツは150キロ記録を目指している。

日大三の井上広輝投手は現1年生、昨年秋に145キロを記録して注目されている。180cm76kgと体もあり、今年と来年はは東京NO.1右腕として君臨しそうだ。

明秀日立の細川拓哉投手は、身長は175cm前後だがしっかりした体から144キロの速球を投げる。兄の細川成也選手のように体を大きくし、球速はさらに伸ばしてきそうだ。

東海大相模の斎藤礼二投手は昨年秋は故障のため投げられなかったが、投球フォームが良く、キレの良い球を投げた高校1年時から注目されている。復活を期待したい投手。

東邦の扇谷莉選手は今大会でスケールの大きさに最も注目したい選手。188cm85kgの身体から146キロの球を投げる。制球が安定しないが、まずはその威力を見せてほしい。

星稜の奥川恭伸投手は現1年生だが、昨年秋に146キロを記録した投手。181cm78kgと体もあり、日大三の井上投手と今後2年間注目されていきそうな投手。

大阪桐蔭の柿木蓮投手は、146キロの角度のある球を投げる。秋はその球の角度に頼り、球速は抑え気味となっていたが、プロを狙うなら140キロ台は常時マークしながら低めに伸びる球を投げたい。

同じく根尾昂投手は、個人的には投手として注目している。高めに伸びていく威力ある球に、必要ならば狙って投げられる外角低めの真っすぐのコントロールがある。投手としてフォームに工夫を見せたいが、球速も150キロ達成はできるだろう。

明徳義塾の市川悠太投手は183cmの身体からサイド気味から投げ、球速も145キロを記録する。140キロ前後のストレートのキレと変化球で勝負でき、昨年秋は明治神宮大会決勝まで一人で投げ切ったスタミナも評価。ドラフト上位候補投手。

スケールと共に角度のある球もあるのが松山聖陵の土居豪人投手。190cmの長身からキレの良い144キロの球を投げる。三振を奪う変化球もあり、今大会で評価を大きく伸ばしそうな投手。打撃の評価も高く甲子園では一発も期待される。

創成館の川原陸投手は184cmの大型左腕、チェンジアップや2種類のスライダー、ツーシームなどの変化球と、130キロ中盤の速球を投げ分ける。安定感を見せるなかで、球速をアップしストレートで勝負できる投手になってくれば非常に楽しみ。

由利工の佐藤亜蓮投手は174cmだが142キロのストレートとカーブを織り交ぜてくる。三振を奪うピッチングができ、甲子園での投球が注目される。


PAGE TOP