早稲田実・野村大樹選手が高校通算56号ホームラン、プロ注目捕手対決制す

早稲田実, 関東第一, 野村大樹, 石橋康太

春季高校野球東京大会では、プロ注目の早稲田実・野村大樹選手と、関東第一・石橋康太選手が対決し、野村選手が高校通算56号ホームランを放つなど6-4で早稲田実が勝利した。

北海道日本ハムスカウトが評価

プロ注目の早稲田実・野村大樹選手はこの日、1点ビハインドの1回、2アウト1塁の場面で打席に入ると、初球をフルスイングし、レフトの防球ネット上段に突き刺さる特大の、高校通算56号ホームランを放った。「点を取られた後の1発だったので良かったです。芯に当たりましたし、角度も良かったので結構飛んだ」と話した。

この日は関東第一と対戦、相手にもプロ注目の強肩捕手・石橋康太選手がいるが、「絶対負けたくなかった。」と話し、チャンスに強い打撃と共に、気持ちの強さを見せた。

この日は北海道日本ハムの岩舘スカウトが視察し、「体幹が強くてしっかり振れる。あれだけ振れれば体が小さくても関係ない。高校生では打撃はいいものを持っている。と評価、また「捕手としても周りが見られるようなってきた」と話し、元々高い打撃の評価に加え、捕手としても評価をされ始めた。

打撃では今年の高校生の中で、トップクラスにいるのは間違いない選手だろう。この春の大会後にも、進路を固めていく事になると思うが、そこにも注目をしたい。

2018年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

ネット裏で視察した日本ハム・岩舘学スカウトは「体幹が強くてしっかり振れる。あれだけ振れれば体が小さくても関係ない。高校生では打撃はいいものを持っている。捕手としても周りが見られるようなってきた」と話した。


PAGE TOP