浦和学院・蛭間拓哉選手がホームラン、ソフトバンクが評価

健大高崎, 浦和学院, 蛭間拓哉, 高山遼太郎

春季高校野球関東大会では、浦和学院の蛭間拓哉選手が一時は同点に追いつくホームランを放った。福岡ソフトバンクのスカウトが高い評価をしている。

高校通算23号

蛭間拓哉選手は174cm82kgの左の強打者で、浦和学院では2年生から4番を打ち、昨年夏の大会では1試合2本塁打などを記録した。

この日の健大高崎戦でチームは初回に5点を奪われたものの、徐々に追い上げると5-6と1点差となって迎えた7回、先頭打者で打席に入った蛭間選手が、高めのストレートを引っ張り、ライトスタンドにホームランを突き刺した。高校通算23号の同点弾だった。

蛭間選手は埼玉大会の決勝でも1点差の9回に、同点に追いつくホームランを放っており、チャンスに強い選手でもある。この日は、その後に勝ち越されて試合に敗れたものの、主軸としての強さを見せた。

ソフトバンクスカウトが評価

視察をしていた福岡ソフトバンクの宮田スカウトは「走塁センスがいい。三拍子そろっている」と話し、蛭間選手を評価した。左投げの選手でポジションは外野手か一塁手に限定されるが、長打力やチャンスでの集中力は今後の野球でも強みとなりそうだ。

健大高崎・高山選手は40号

健大高崎の4番・高山遼太郎選手は初回、1アウト2,3塁の場面で外角のストレートをバックスクリーンに運ぶホームランを放った。今年春から4番を任されており、期待に応える一発となった。

高山選手の父は、広島カープのスカウトを務める高山健一氏で、この日は観戦(視察?)に来ていた。「いつか、お父さんを越えるプロ野球選手になりたい」と話している。173cmと小柄だが、4番として迫力ある打撃があり、将来が楽しみ。

2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP