東海大相模、プロ注目の森下翔太選手が価値ある同点弾、ハマスタのレフトスタンドに

東海大相模, 森下翔太

東海大相模が苦しんだ。2度の大きな勝ち越しを相手に与えたものの、森下翔太選手のホームランで土壇場で同点に追いついた。

価値あるホームラン

この日の相模原高校戦では初回、先発した浅海大輝が失点を重ね、5連打6安打で5失点し降板する。しかし東海相模は、1回途中から登板したエースの斎藤礼二投手が好投を見せると、2回に1点、4回には4点を奪い同点に追いつく。しかし7回、相模原打線が斎藤投手を攻略し3点を奪って突き放すと、東海大相模は8回に1点を奪い返すも6-8で9回裏を迎えた。

9回、ノーアウト2塁の場面で3番・森下翔太選手が打席に入る。この日はヒット1本を打っていたが守備でミスもしていた。強打の森下選手という事で、相手の内野守備が後に下がったのを見て、「セーフティバントも考えた」というが、「自分で打ってチームに貢献したい」とフルスイングすることを選択し、フルカウントからの変化球を思い切り叩くと、打球は高々と舞い上がり、横浜スタジアムのレフトスタンドに飛び込んだ。土壇場で同点に追いつく2ランホームランだった。

これで試合は決まった。盛り上がったチームと、応援スタンドの後押しで、後は勢いでサヨナラ勝ち、苦しい戦いで最後に勝ち越した。値千金のホームランを放った森下選手は、「ああいうプレッシャーがかかる場面で結果を出すために練習してきた」と話した。

1年生の西川僚祐選手が4番を打ち、投手も1,2年生が活躍して勝ち上がる中で、「3年生が活躍して、どこのチームにも負けない試合をしたいです」と話し、エースの斎藤投手共に3年生がチームの危機を救った。

ハマスタのレフトスタンドが

昨年夏に特大のホームランを放り込んだ、横ハマスタスタジアムのレフトスタンド、森下選手を有名にし、森下選手の代名詞となった。そしてこの日も、ハマスタのレフトスタンドが森下選手を迎え入れた。

これからプロなどで活躍すると思うが、ハマスタのレフトスタンドが森下選手の原点となる。そしてこれからも、事あるごとにハマスタのレフトスタンドが、森下選手の実績を積み上げていくのではないかと思わせる。

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

打順が回る9回の攻撃。「追い込まれているというよりは、まだ9回があるという気持ちでした」。練習から常にチャンスの場面を想定してバットを振っている主軸は「イメージ通りだったので、リラックスして打席に入れた」。高校通算57号で、見事に結果に結びつけた。

 27日に行われる準決勝の相手は慶応。森下は「打点を稼ぐことが自分の役割だが、究極の場面ではまた一発を狙いたい。3年生が活躍して、どこのチームにも負けない試合をしたいです」と、次も一撃で試合を決めるつもりだ。

東海大相模が2点を追う9回、二塁打で出た山田を置き、プロ注目スラッガー・森下が「甘く来た」という変化球を捉えて左翼席へ同点2ラン。この後、1死満塁から井上にサヨナラ内野安打が出た。森下は土壇場で飛び出した高校通算57号に「ああいうプレッシャーがかかる場面で結果を出すために練習してきた」と胸を張る。


PAGE TOP