中央学院・大谷拓海選手プロ志望、楽天、日本ハムが高評価

大谷拓海, 中央学院高

初戦で敗退した中央学院・大谷拓海選手は、試合後に野手としてプロ野球でプレーを希望する事を表明した。この日は、東北楽天、北海道日本ハムのスカウトが評価をしている。

登板無く

5月に頭部に打球を受け、頭蓋骨骨折など大けがを負った。この夏に試合に出場したのは、西千葉大会4回戦からでようやく間に合い、西千葉大会決勝ではホームランも放った。ナインは大谷投手を甲子園で再び投げさせることを目標にここまで勝ち上がったが、この日、大谷投手は登板する事なく初戦で敗退した。

肩の状態も良くなく、相馬監督は「勝ち進めば登板も考えていた」と話したが、今日は投げる予定がなかったという。「みんなのおかげでここまで来られた」と話す大谷選手、この日は初回に勝ち越しの犠牲フライを打ったものの、続く3打席はノーヒット、低めのボール球の変化球を思い切りスイングし空振りし、2三振を喫した。

プロ志望

大谷選手は試合後に、「プロ志望届は出したい。中央学院の仲間のためにも活躍したい」と話し、「ピッチャーなら僕より速い球を投げる選手は100人以上いる。打者に専念しようと思います。」と、二刀流ではなく打者としてプロで活躍することを誓った。

この日は多くのプロスカウトも視察をしていたが、東北楽天・後関スカウトグループマネジャーは、「けが明けでも柔らかな打撃は魅力。リストワークのいい打者」と話すと、北海道日本ハムの岩舘スカウトも「積極的な打撃で逆方向に強く飛ばす力を持っている。きょうは体が回復途上だと思った」と話し、まだ本調子ではないという評価もしていた。

今年は良い状態はあまり見られていないが、昨年秋の明治神宮大会でのレフトスタンドへのホームランは素晴らしい当たりで、逆方向にもあれだけ飛ばせるのが大谷選手の魅力、プロ入り後に再び鍛えなおし、145キロも記録する強肩外野手として活躍をしてほしい。

2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
第100回(2018)高校野球選手権大会の出場校と注目選手

今後に向けては「打者に専念しようと思います。プロ志望届は出したい」。不完全燃焼に終わった最後の夏を糧にプロを目指す。
 大谷について楽天・後関スカウトグループマネジャー
「けが明けでも柔らかな打撃は魅力。リストワークのいい打者」
 同じく日本ハム・岩館スカウト
「積極的な打撃で逆方向に強く飛ばす力を持っている。きょうは体が回復途上だと思った」

試合後「プロ志望届は提出します。打者でプロに行きたい。中央学院の仲間のためにも活躍したい」と決意を語った。視察した楽天の後関昌彦スカウトは「スイングが大きくて柔らかさもある」と評価。

細心の注意を払いながら復帰プランをこなした。試合出場に関しては両親と相馬幸樹監督(38)を含めた3者面談を何度も行い慎重を期した。西千葉大会4回戦で復帰。そして「4番・右翼手」として甲子園に立った。
 「ピッチャーなら僕より速い球を投げる選手は100人以上いる。打者としてやっていこうと思います」。今大会を最後に“二刀流”に区切りを付ける道を選んだ。プロ志望届を提出する予定で、今秋ドラフト会議での指名を待つ。

この日は、右肩の状態などを考慮し、当初から登板予定はなかったという。マウンドに立てずに高校野球生活にピリオドを打ったが、次のステージがある。今後の進路について「もっと練習して、上で活躍したいです。投手ではなく、打者としてプロに入りたい」。最速145キロを計測する投手の道を断念し、高校通算33本塁打の打撃でプロ入りを目指す意向を明かした。


PAGE TOP