U18戦士の進路、週刊ベースボールがドラフト特集

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 侍ジャパン

週刊ベースボールでは、U18アジア選手権を戦った選手たちなど、ドラフトの「超高校級」の選手たちを特集しており、U18戦士の進路についても触れている。

侍ジャパンU18日本代表の進路

週刊ベースボールの各選手の記事に書かれている、進路についての情報を下表にまとめた。


選手名高校身長体重ラン
進路 

吉田輝星金足農3年176cm81kg右右特A八戸学院大かプロ
渡邉勇太朗浦和学院3年190cm90kg右右Aプロ
野尻幸輝木更津総合3年178cm78kg右左B+東京六大学希望
板川佳矢横浜3年173cm66kg左左B+ 関東の強豪大学
山田龍聖高岡商3年182cm78kg左左A日本選手権常連社会人
奥川恭伸星稜2年181cm78kg右右A
柿木蓮大阪桐蔭3年178cm78kg右右Aプロ
市川悠太明徳義塾3年184cm75kg右右Aプロ

根来龍真常葉大菊川3年169cm65kg右左B大学かプロ
小泉航平大阪桐蔭3年179cm73kg右右B近畿の強豪社会人


日置航日大三3年176cm76kg右右B東京六大学希望
奈良間大己常葉大菊川3年172cm66kg右右B大学かプロ
中川卓也大阪桐蔭3年174cm71kg右左B+東京六大学希望
根尾昂大阪桐蔭3年178cm75kg右左特Aプロ
小園海斗報徳学園3年178cm73kg右左特Aプロ


蛭間拓哉浦和学院3年174cm82kg左左B+大学進学希望もプロも
藤原恭大大阪桐蔭3年182cm76kg右左特Aプロ
峯圭汰創成館3年171cm70kg右右B関東の大学

高岡商の山田投手はJR東日本、大阪桐蔭の小泉捕手はNTT西日本が、また、木更津総合の野尻選手は法政大、常葉大菊川の奈良間選手は立正大という記事が、前日の日刊ゲンダイの記事にある。

「投手では山田龍聖(高岡商)がJR東日本、捕手の小泉航平(大阪桐蔭)はNTT西日本への入社がウワサされている。台湾戦から4番を任されるなど野手としても評価が高い野尻幸輝(木更津総合)の法大をはじめ、野手数人が東京六大学へ進学予定。代表では二塁を守る遊撃手の奈良間大己(常葉大菊川)は東都の立正大に内定しているという話もあります」(マスコミ関係者)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント