大阪桐蔭がコールド勝利、縄田渉投手が4回7奪三振、西野力矢選手がタイムリー

大阪桐蔭, 西野力矢, 縄田渉

大阪桐蔭が秋季大阪大会の2回戦・香里丘戦で、縄田渉投手が2番手で登板すると4回1安打7奪三振の好投を見せ、1年生の3番・西野力矢選手も素晴らしい打撃を見せた。

根尾、藤原を相手に

この日は先発した高野裕輝投手が初回に1失点をした。しかしその裏に、ノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、3番の1年生・西野力矢選手選手がセンターオーバーの2点タイムリー2ベースヒットを打ってすかさず逆転した。

そしてこの日は投手も見せた。3回から登板した背番号10の2年生・縄田渉投手が、力のこもったストレートで相手を押し、4回を投げて1安打7奪三振で無失点と好投した。「自分的には1球1球腕を振って投げられたのでよかった」と話した。

縄田投手は愛知江南ボーイズ出身で、兄の縄田颯選手は愛知工業大で最速147キロを投げるドラフト候補の一人。兄は愛知江南ボーイズの後、愛産大工業に進みプレーしたが、弟は大阪桐蔭に進んだ。2年生夏までは公式戦の登板はなかったが、秋からの新チームで、先日の1回戦で公式戦デビューし、1回で3つの三振を奪っている。

大阪桐蔭は今年のチームは、実践経験の不足が言われる。3年生の根尾昂選手、藤原恭大選手、柿木蓮投手などが春夏連覇を果たし、1,2年生を甲子園で経験させる機会はなかった。それでも縄田投手は、「経験はないですけど、日本一になった打線に投げてきて、そういう意味の自信はあります」と話し、練習では根尾選手、藤原投手を相手に投げた。そしてもともと中学時代までは実績の素晴らしい選手たちがそろっており、練習試合ではWヘッダーなどで、全国から戦いを挑んでくる強豪を相手にしている。

今年の大阪桐蔭のチームが、どこまで戦っていけるかどうかは、大いに注目されている。もしこのチームで全国制覇という事になれば、また高校野球の歴史を塗り替えるかもしれない。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

投げては3回から登板した2番手の縄田渉投手(2年)が、4回1安打無失点で試合をつくった。縄田は気迫を前面に押し出したパワフルな投球で7奪三振。「自分的には1球1球腕を振って投げられたのでよかった」と話した。縄田ら投手陣は経験の少ない選手も多いが、前チームでは練習中のシート打撃で、打撃投手として毎日のように登板。今秋ドラフト1位候補の根尾昂内野手(3年)や藤原恭大外野手(3年)ら春夏連覇を果たした打線と“対戦”してきた経験がある。「経験はないですけど、日本一になった打線に投げてきて、そういう意味の自信はあります」。唯一無二の経験を武器に、先輩たちの背中を追う。

15日の1回戦・堺工科戦でスーパー1年生の西野力矢一塁手が2発を放ったのに続き、今度は“ドクターK”の誕生だ。縄田は「おりゃ~」と気迫を前面に出し、伸びのある直球と落差の大きいカーブで7三振を奪った。「一球一球、腕を振って投げられた」。公式戦デビューした1回戦は1回で3奪三振。2試合で奪三振率は驚異の「18」だ。「(試合の)経験がないけど、日本一になった打線に毎日シート打撃とかで投げてきた」。史上初2度目の春夏連覇を達成した3年生と“対戦”し、根尾昂に「この球、甘かったぞ」など助言を受けてきた。

3回から2番手でマウンドへ上がった縄田渉投手(2年)が強烈な輝きを放った。力のある直球にブレーキの利いた大きなカーブがさえ、4回を被安打1の7奪三振、無失点と力投。「一球一球、全力で腕を振りました」と胸を張った。
飛躍のきっかけは、今秋ドラフト1位候補で史上初2度目の春夏連覇を成し遂げた根尾や藤原の助言だった。今夏まで先輩を相手に連日のようにシート打撃に登板。愛知県一宮市出身の背番号10は「日本一の打線を相手に投げてきましたから」と自信を深めた。
「(エースの)中田が一つ抜けた存在ですが、中田に負けない気持ちでやっていきます」


PAGE TOP