日大三の190cm右腕・広沢優投手が7回完封

日大三, 広沢優

東京でも秋季高校野球が開幕している。この日は夏の甲子園でベスト4に勝ち進んだ日大三が、新チームで新たなスタートを切った。

190cm右腕

この秋は、甲子園で150キロを記録した井上広輝投手ではなく、190cmの身長で甲子園で148キロを記録した広沢優投手が背番号1をつけた。広沢投手は甲子園の準決勝・金足農戦でも先発に起用されるなど、小倉監督から大きな期待をされている。

この日の杉並高校戦でも先発した広沢投手は、初回に先頭バッターにヒットを許すと、自らの暴投で2アウト3塁のピンチを背負う。しかし、このピンチを無失点に切り抜けると、2回以降はスライダーや変化球を織り交ぜて安定した投球を取り戻した。7回を投げて無失点に抑え、三振は9つを奪った。試合は7回コールドで勝利した。

広沢投手は、甲子園準決勝の金足農戦でも立ち上がりに制球が乱れ、初回に1失点している。この日も初回に課題を見せ、「序盤はコントロールが荒れていた」と反省をした。

広沢投手はレベルの高い投手たちの中でプレーをしている。チームには今年春のセンバツでエース格として投げ、夏の甲子園で150キロを記録した井上投手や、146キロの速球を投げる187cmの長身右腕・平野将伍投手としのぎを削る。またこの夏は、西東京大会では日大鶴ケ丘の勝又温史投手、甲子園では小寺智也投手、下関国際の鶴田克樹投手、金足農の吉田輝星投手の投球を見て経験した。吉田投手については「見たことのない球。目標にして超えられるような選手に」と話し、夏が終わると1日どんぶり3杯の食事を欠かさず、体幹トレーニングなども行っている。

190cmから投げ下ろすストレートは、ケガなどがなければ、来年には150キロに到達しそうだ。ドラフト候補としても評価がうなぎのぼりとなる1年間にしたい。

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生のドラフト候補リスト

広沢は尻上がりに調子を上げていった。初回、「序盤はコントロールが荒れていた」と先頭に左前へ運ばれた後に自らの暴投で2死三塁。いきなりのピンチを迎えたが、無失点で切り抜けると波に乗った。
二回以降はスライダーなど変化球とのコンビネーションで打者を手玉に取った。7回を一人で投げ抜き9奪三振。今夏の初戦でも対戦し、苦しめられた杉並打線にリベンジを許さなかった。


PAGE TOP